ミンギュル・リンポチェ 2020 新年のメッセージ

〜Tergar Japan Facebookよりリンポチェの本年のメッセージを共有させて頂きます〜

 

 

この来たる年について少しお話ししたいと思います。

私達は皆、全てが変化していて無常であることを知っていますね。

1年が過ぎ去ります−これは無常です。

そして新しい年がやって来ます−これも無常です。

無常とは単に「過ぎ去った、過ぎ去った」という意味ではありません。

来るものもまたあるのです。

立ち上ってもきます。

たくさんの新しい可能性、新しいチャンス、そして沢山のポテンシャルもあります。

この来たる年に、多くの新しいポテンシャルと、新しい可能性、新しい機会を手にするでしょう。

すべてはあなたと共にあります。

重要なのはそれを認識することです。

その有り難さに気づくことです。

この新しい年に、感謝しなければなりません。

無常に感謝するのです。

あなたの人生に感謝するのです。

 

 

さて、世界は変化しています。

常に変化しています。

勿論物質的には、年々発展しています。

しかし私達の心−つまりモンキーマインドですが−モンキーマインドの幸福度はほぼ変わりがありません。

1960年代についての研究が沢山ありますが、そのころ世界中で多くの戦争がありました。

それでも現在2017年、2018年、2019年の幸福度と殆ど同じなのです。

物質的には発展したというのに何故でしょうか?

それは通常私達の心がいつも悪い点を探しているからです。

 

あなたに10の特質があったとして、そのうち9つは良い点で、悪い点は1つだけですが、通常悪い点しか見ないでしょう?

誰もが言います。

「世界は悪くなっていて戦争が増えて調和がなくなり暴力が増えた」と。

でも実のところ、ある科学者達がこの件について調査をしたのですが、今がこの世界で人類史上最も暴力が少ないとのことです。

昔は気に入らなかったら、お互い撃ち合ってましたよね?

でも今はもっと穏やかになりました。

世界はより平和になったのに私達はそうは思いません。

そのようにしていると、時に私達は抑鬱や不安、パニックを感じます。

そして諦めてしまいます。

希望を探さなくなります。

インスピレーションも探さず、何の努力もしなくなります。

「ひどい世界だ、私には何も出来ない。」

そんなことはありません。

実は善きことは沢山あるのです。

そしてその善きことには限りがありません。

だから努力する必要があります。

 

 

新年に寄せて考えているのですが、1つか2つのことをしてみましょう。

新年の抱負です。

お願いしたいのは、出来れば毎日3つのことに感謝して下さい。

それを書き留めてもいいでしょう。

小さな手帳を買って、感謝している3つのことを毎日書き留めましょう。

自分の人生や周りの人達についてかもしれないし、環境や自分に起こっているどんな善きことでも構いません。

良いですね、3つです。

 

自分自身について数週間探索してみます。

それから世界について、そして周りにあるものについて切り替えることも大切です。

新鮮に感じられるように、様々なトピックに切り替えられます。

はじめは「あぁ何も見つからない」と感じるかもしれません。

でも徐々に沢山見つかります。

沢山あるのですから。

感謝し始めると、新しい機会やポテンシャル、可能性が見え始めます。

あなたの内に沢山存在します。

でも以前はそれらが自分の内にあることを知らなかったのです。

もう今はそれが見えてくるでしょう。

 

 

それから2つ目は、世界と環境のために出来る限りのことをすることです。

ご自身の能力や力量に応じて、出来る限りのことをして下さい。

環境について話してみるだけでも、または木を植えたり、ライトや電気、水を節約して下さい。

環境をきれいにするのもいいですね。

私達はネパールやインドで、沢山の木を植えていて環境に関する仕事をしようと試みています。

ですから出来る限り環境を救うために頑張って下さい。

新年に寄せて2つお話ししました。

 

 

 

 

 

 

胸の詰まり

以前から坐禅をすると、普段は気がつかない鎖骨周りの詰まりがある。

 

 

私は2015年の12月、一法庵の鎌倉リトリートに飛び込んで瞑想を始めたのだけど、胸の詰まりを感じ始めたのは、2〜3回接心に参加してからだったのか、ちょっとよく覚えていない。

 

 

接心の時にそのことを先生に聞いてみたら「禅病だ」と言われたんだけど、日によって重い軽いはあるけれど、今もその詰まりはずっとある。

 

でもその胸の詰まりに意識を向けるともっと詰まって息苦しくなるので、なのでその詰まりがあることは認めつつも、そこに入り込まないようにしている。

 

 

自分が無意識に作り上げている何かが体に現れてるのか、自分の背負ってるカルマなのかとか、そういうのはよくわからない。

 

 

まあ、多分こういうのは自分で何とかしようとかじゃなくて、カサブタみたいにある日気づいたら取れてる、といった感じなのだろうな。

 

 

でも潜在的に抱えてるものがこうやって体の反応として現れていると、改めて体とは心の現れなのだなあ、それはそれで凄いことだよなあ、と何となく感心してしまったりして(笑)

 


これまでは何に関してもすぐに結果を欲しがっていた私も、少しは楽観的&長い目で見ることが出来るようになってきたのかもしれないな(苦笑)

 

 

 

 

前から好きな大地のおやつの「おいものかりんとう」が中川政七商店で見かけるようになったので、マイおやつのレパートリーに加わった。

 

 

結局今年も芋ケンピ食べてるけど、これはかなり細くて堅いから、食べ過ぎ防止になって良い感じだ。

 


 

 

 

それぞれの課題

アシュタンガのクラスでみんなの練習を見ていて思うのは、ポーズが出来る出来ないとか関係なく、その人の練習にはその人自身が映し出されるということだ。

 

 

まだまだ私はそこまで観察は出来ないけれど、呼吸、体の状態や動き方、表情や目の動き、アジャストした時の反応、あと私は皮膚や爪も見たりするけど、色んなことからその人の情報がわかるし、抱えている問題も見えてくる😥

 

 

練習を1年以上している人が増えてるからか、最近はその人達の持つ課題というのが浮き彫りになってきていて、改めてこれがプラクティスというものなのだなあと思うけれど、それは自分の見たくないものも見ていかないといけないということでもあるので、正直これは心地良くないし、とても大変な作業だ😥

 

 

でもなかなかみんな自分の問題には気づかないものだし、無意識に逃避してしまって、結局自分と向き合うことなく、何となく流されて日常を過ごしてしまう。

 


自分が心や体に問題を抱えているということに気づいていないし、というか気づきたくもないから、人の噂話で盛り上がったり、何処かに良い物がないか彷徨ったり、誰かや何かのせいにしたりして、自分の内を見ることなく外ばかり見ているのだろう😓

 

 

 

私はこれまで、各々のタイミングがあるだろうからと思って、その人が気づくまで待とうとしていたけど、やっぱり気づく人って殆どいないから、これからはちゃんと言わないといけないな、と感じている😥

 

 

この間から、1年以上練習してる人達には、自分の練習に責任を持っていくよう話したけど、それは、私自身も来てくれる人達の練習に責任を持たねばならない、ということでもある。

 

 

これまでは敢えてキツいこととか言わないようにしてたけど、でも相手を傷つけたくないという気持ちの本当の正体は、「自分が傷つきたくない」「そこまでして他人と深く関わり合いたくない」という私のエゴだとわかった😓

 

 

でも言わないとわからない人にはハッキリ言わないと絶対気づかないし、それで相手が傷つくとしても、私はティーチャーとして自分の責任を全うするべきで、それに私が怒ったとしてもそれはその人にではなく、その人のエゴに対してなのだ😡


だから、それでその人が来なくなったとしてもそれは仕方のないことだし、実際それで来なくなった人はこれまでにもいるので😓



 

今の時代は争いごとを避けようとし過ぎてるから、みんな神経質でセンシティブになっていて、心も体もどんどん弱くなっている😥

 


なのに体のケアや免疫力を上げる努力をすることもなく、情報に振り回されて、マスクを着けて安心してる滑稽な世の中だ😷

 

 

私も自分の心と体をもっと強くして、自分の課題は勿論、相手の課題にも向き合って、乗り越えていけるよう努めていきたい🌳

 

 

 

この間、西大寺の愛染明王の御開帳期間だったので母と行ってきた😃


 

今回絶対行こうと感じたのは、どういう意味があるのかその時はわからなかったけど、今日になって、「愛染明王から学べ」ということだったのかなと思った💦

 

 

煩悩を悟りに変えて、菩提心へと導いて下さる愛染明王✨

不安になったり迷ったら、愛染明王を思い出そう😊

 

 

でも私、怒ったら死ぬほど恐いから、行き過ぎないように気をつけないと😓👹

 

 

 

 

 

夜寝る時に

夜寝る時に、お布団に入って思うこと。

 

 

パジャマが私を包んでくれている。

 

枕があって、お布団は私を包んで温めてくれている。

 

 


壁を触りながら、家にありがとうを言う。

 

カーテンを触って、ありがとうを言う。

 

 


ガラタバザールの夏のセールで買えたオールドキリム、スザンニ刺繍、キリムのクッション、みんなもそばにいてくれてる。

 

私の所に来てくれてありがとう。

 

 


auのポイントでもらった小さなセラミックファンヒーターは部屋を温めてくれて、ヤングリヴィングのアロマのディフューザーは良い香りを広げてくれている。

 

 


みんな一緒にいてくれて、私は幸せだ。


 

 

今日もありがとう、おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ささやかな幸せ

今日は梅田阪急で販売のお仕事だったのだけど、この間阪神百貨店で買った新しい時計を着けていった⌚😃

 

 

たまたまポップアップショップで出ていたベルギーのKOMONOというブランドのもので、価格も安くてアクセサリー感覚で使える✨

 

軽めの華奢な時計が欲しかったので良い出会いをしたのだけど、紹介してくれた店員さんもいい人だったし、時計を今日使ってみた感じもとても良かった😊

 

 

仕事を終えてから、以前お裾分けで頂いてから気に入ってる五感のお米のバウムクーヘンを阪急の地下に買いに行き。

 

 

今回は日持ちがしたので2種共買って帰ってきた😋

 

 

電車に乗って帰って学園前に着いたら、ホームの期間限定ショップに丸正が来ているのを見つけたので買いに行った😃✨

ちょうど最近食べたいなと思っていたので、めちゃテンションアップ😆

 

 

そしたらいつものおっちゃんが「毎度!」と言ってくれて、「すぐ食べる?」と聞かれて「はい」と答えたら、焼きたてを売ってくれた😭🥟

 

 

家に着いてすぐにペロリと美味しく頂いたけど、子供の頃から大好きなここの餃子を、こうして作って売りに来てくれる人がいるから、今も私はこうして幸せな気持ちで食べることが出来るので、本当にありがたいことだ😭

 

 

そういえば今日仕事に行く前は、駅のエスカレーターの持ち手を拭いていた清掃の人が、私が乗ろうと歩いて行くとよけてくれたので、私がペコリとお辞儀をしたら「いってらっしゃい」と声をかけてくれたので、「いい人だなあ、優しい人だなあ」と感じて、とても幸せな気持ちになった😊✨

 

 

色んな日があるけど、ささやかな幸せが沢山あることに日々感謝🙏

 

 

私もささやかな幸せを人に届けることが出来るように、日々過ごしていこう🌼

 

 

 

 

結果と過程

この間クラスした後にフラフラになったので、昨日はクラスの前に軽く少し食事をして、クラスが終わってみんなが休んでいる間に自分も少し横になって休んだら、フラフラしなかった😃

 

 

1人の人を教えるだけでもかなりエネルギーを使うことはわかってはいたつもりだったけど、最近はヴァータのエネルギーが半端ないから、ちゃんと自分を整えておかないと、風のエネルギーに巻き込まれて立っていられなくなる😵🌪💦

 

フワフワしてグニャグニャでも本人は無自覚だから、それを少しでも安定に導けるようにやらせてもらってるけど、自分のエネルギーもすごく使ってしまうので、私の方が燃え尽きてしまわないように気をつけないといけない😓

 

 

先生から「クラスは自分のプラクティスの何倍もエネルギーを使う」と聞いていたけど、ここ最近になって、その意味がやっとわかってきた気がする😥

 

アジャストは見た目を整えるとかではなく、一人一人のエネルギーの中に入って一緒にワークしていくものなので、足らない分を私が補うのだから、相当な集中とエネルギーが必要なのだ😓

 

 

こうやって一つ一つ経験して気づくことで学んでいくのだなあ、と思うのだけど、以前ピラティスのパーソナルレッスンを受けた時に、


「ヨガやってる人って、過程をすっ飛ばしてゴールだけ見てる傾向がありますよね。ポーズの完成にだけ意識が向いてますけど、重要なのはそこに行くまでの過程じゃないですか?」

 

というような指摘を受けた😳

 

 

そう言われるとそうだなあ、と妙に納得したのだけど、ヨガやってる人は理想主義者が多いかもしれない💦

 

完璧を追い求めるからメンタルがやられて、それがヨガで癒されて、でもヨガでも完璧や理想を追い求めちゃうから結局苦しい、みたいな😥

 

 

私もスタジオを立ち上げた時は、ヨガだけでやっていきたいという理想を持っていたけど、実際集客なんて出来ないわけだし、働かないと食べていけないということがわかったので、今はヨガで稼ごうと思わなくなったから、随分気持ちが楽になった😌✨

 

何人来てもらって、いくら稼いで、とかやってると、そっちに執着してしまい、本当の目的からどんどん遠ざかってしまう😥

 

 

それにヨガをやってると、間違えて哲学やアーサナの綺麗な表層の部分だけ捉えて、その理想を追い求めて知らず知らずに現実逃避してしまったりするけど、本当は自分を整え、家族を愛し、家を掃除して、自分の義務を果たすというのが、本当の意味でのヨーガなのだと思う👨👩👧👦🏡🧹

 

 

まあヨガだけじゃなく、世間自体が過程をすっ飛ばし都合の良い結果だけを欲しがっていて、「何kg痩せたい」とか「このシワを取りたい」とか「いくら稼ぎたい」とか、実際そんなんばっかりだ😓

 

 

勿論目標を明確に持つことはいいことだと思うけど、そこに行くまでの過程を大事にしないことには、本当の結果を得ることは出来ないだろう。


 

大体、結果なんて後からついてくるものだし、結果は過程を通して得られるギフトなのだから、自分が選べるものでもない。


しかも何にもやってないのにギフトを先に求めるというのは、やっぱりちょっと違うのだ🎁

 

 

そういえばこのブログも、読んでもらっていても真意は伝わってないものなんだと実感したけど、受け取り手はそれぞれ違うのだし、それは私が結果を求めてるということだから、過程を大切にして、コツコツやっていこう😅🌱

 

 

 

 

 

 

目の前のこと

瞑想を実践するようになってから、今この目の前のことに気づけるようになった。

 

 

もちろん常に心はどこかを追ってさまよってるし、携帯とか、自分を今ここから引き離すツールも常にあるから、意識がどこかに行ってしまうことが多いけど、それに気づいて今ここに戻って来れるようになっている。

 

 

それまでの私は、季節というのもちゃんと感じれていなかった。

風が温かくて柔らかいとか、道路に小さなお花が咲いてるとか、鳥が可愛い声で鳴いてるとか、そういうことにも気づけていなかった。

 

 

心というものは、いつもどこかの何かを探し求めて、今この目の前にあるものや、起こっていることから自分を引き離す。

 

 

全ては奇跡で、当たり前なことなんて何一つないのに、無智というものが自分を曇らせて、目の前にある大事なものも見えなくしてしまう。

 

 

そう考えると、今の私はリハビリ生活を送っているのかもしれない。

 

 

自分の思い込みやエゴで自分や家族をずっと傷つけてきて、そんな自分に気づき、その自分のしがみつきを手放す為に、独りになる道を選んだ。

 

 

母や祖母のサポートもあり、今はこうして何とか自立してやってるけど、以前の私は盲目で、家族や他者への感謝の気持ちが足りていなかったな、と染み染み思う。

 

 

 

本当は全てが完全で、全て満たされているのに、何故満たされていないように感じてしまうだろう。

 

 

いつも彷徨っている心を、今ここに戻してくる。

 

 

今ここで吸っている空気を感じて、

今聴こえている音を聴いて、

今食べている物を味わって、

目の前に見える景色に気づく。

 

 

 

今、なぜか自分の体があって、何も命令もしていないのに、心臓や臓器や細胞が活動していて、血が通い、皮膚は温かい。

とんでもない宇宙は、既にここにある。

 

 

 

過去や未来は、どこにもない。

全て自分の頭や心で作ったものに過ぎない。

 

 

そして今この一瞬も、すぐに通り過ぎていき、全ては儚いけれど。

 

 

 

その今を大事に感じて、今この自分に与えられている目の前の為すべきことを、一つ一つ丁寧にやっていこう。

 

 

 

 

 

 

 

誰かのために

今日は午後からカフェで書き物の仕事をした後、ミラレパの伝記を読み進めた📖

 

今日はミラレパが、自身の悲哀の物語と犯した罪を語る所まで読んだのだけど、あまりにも壮絶で、悲しくて心がとても痛かった😢

 

そしてふと、チベットの人達の、ひどい仕打ちを受けても耐え忍ぶことの出来る強靭な精神は、きっとミラレパの教えが大いに関係しているのだろうと思った。

 


重い気持ちでカフェを出て、半ベソで歩きながら、

 

「私はこうして平和に暮らせていて、なんと幸せなのだろう。世の中には苦しんでる人達が沢山いるのだから、その人達の為に少しでも何かをしないといけない。

早く私もお金を稼げるようになって、誰かを救えるようになりたいなあ」

 


と思っていたら、「いやいや、今出来るやん」と自分からツッコミが入った💦😵

 

 

そういえばルンタプロジェクトの年会費の請求が来ないなあ、と思ってそのままにしてたから、もう1年半以上寄付をしていない😓💦

 

 

今は金欠だからちょっと迷ったけど、また今度と後回しにしていたらおそらく寄付のタイミングを失ってしまうので、慌ててホームページを開いて、ウェブからカード払いで寄付をさせてもらった💳

https://www.lung-ta.com

 

 

ホームページを見ると団体の会員というのもあるようなので、次からはSattvaとして、頑張って寄付するようにしていこう✊✨😃

 


 

 

 

 

自分主体

この間、日曜のクラスを減らすことに決めたけど、来月で一旦終了することにした。

 


ならまちのレンタルスペースで、日曜日に部屋を借りてアシュタンガのクラスを始めて4年強になる。

ずっと日曜にやってたのに、日曜にクラスをやらなくなるのはまだ少し違和感があるけど、これも自然の流れなのだと思うし、私はもう、来ない人を来るかもしれないと思って待つことに疲れた。

 


それに、私はこれまで「来る人のペースでゆっくりやってもらえばいい」と思っていたのだけど、ただ甘やかすということとは、ちょっと違うのだよなあ、と気づき、反省した。

 

 

その人が自分の練習をしていくために私が導いていかないといけないのに、ただドアを開けて待って、来てくれたらニコニコ笑ってアサナを伝えて補助して、とやってるだけでは、相手も成長しないし、私自身も知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまう。

 

 

私は怖がりで、自分が傷つくのが嫌だから人にも厳しくすることが苦手なんだけど、でも相手の為であるのなら、時には厳しさを見せることも必要なのだな、と思った。



自分と本気で向き合わない限り、自分を治すことなんて出来ないし、適当な練習してたら適当な自分にしかならないのだから、それだったら練習しない方がマシかもしれない。


それで来なくなるのなら、それで別に構わないし、どちらにせよ最終的には自立してもらわないといけないのだ。

 

 


私はこれまで「ティーチャー」ではなく、「アドバイザーであり、ヒーラーでありたい」と望んでいたけれど、それは多分、自分の自信の無さが造り上げていた虚像であり、リスクを背負いたくない為の言い訳だったんだと思う。

でももうそろそろティーチャーとして、来る人を導いていく決意をしなきゃいけない。

 

 

「何のためのヨガなのか」

 


これは各々に考えていってもらうべきことで、ただ体動かして楽しむだけではない、ということにはやはり気づいていってもらいたいし、それは私が、賢者の教えや自分の経験を通して伝えていくことでもある。

 

 


現実的にも、働かないと私は家賃払って食べていけないし、これから自分の労力は、必要とされる人の為に使っていきたい。

そして自分の勉強も深めていきたい。



4年以上我慢して何とかやってきて、それも自分の大切な学びだったけど、もうそろそろ次の段階に入っていく時期なのだろう。

これからは人の都合に合わせ過ぎず、あくまで自分主体でやっていきたい。

 

 

今月から火曜日にクラスを始めることにしたけど、継続出来るかどうかはわからない。

 

 

練習は自分のものなので、人に強いられるものではないから、無理にうちに来いと言うつもりは更々ないし、その時の自分のペースでやってもらえたらいい。

それにあくまでうちのスタジオも私も、その人にとってはツールだ。

 

 

でもそれがあることが当たり前ではないのだし、ツールと限られた時間は、出来ることなら有効に、大事に使ってもらえると嬉しい。

 

 

とりあえず今のところそんな感じなので、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

心地良い空間

昨日の夜、坐禅するのに二階のプラクティス部屋に入ったら、綺麗に整頓されていて、気の流れがとても良かった。

 

 

「あ、そっか、今日みんなが練習に来てくれて、終わった後掃除してくれたのだよな。」

 

と、ふと気づいたんだけど、今まで感じたことのないくらい、気の流れが整っていて澄んでいた。

 

有り難くその心地良い空間で坐禅をさせてもらったんだけど、改めて、人の思いやエネルギーが場を作るものなのだな、と感じた。

 

 

そして、坐りながら何となく「ああ、こうやって影響を与え合ってるんだな」と感じたし、つい心の癖で不安になったり問題点を探してしまうけど、何も問題ない、大丈夫なんだ、と思った。

 

おかげで気持ち良く瞑想出来たので、1時間ほど坐ってた。

 

 

 

今朝は朝から相変わらずグダグダだったけど、練習を始めたらプライマリーのプラクティスがいつも以上に気持ち良く出来て、ずっとミリ単位で調整をしているシルシャアサナも、もしかしたらこの感じかも、という感触を、僅かだけどやっと掴んだ感じがあった。

 

 

良い日もあれば悪い日もあり、ひたすら心と体を観察する日々だけど、確実に手応えを感じてるから、その時々を大事にして、鍛錬を進めていこう。

 

 

 

 

この間急にRIDEの「Seagull」が聴きたくなった。

この曲が出たの、もう30年前なんだなあ。

 

 

RIDEの初期の作品だからかピュアで、轟音が心地良い名曲だ。