セルフプラクティス

コロナウイルスの影響で、世間のヨガスタジオの多くは休業してるだろうけど、うち(Sattva)も同じくクローズしている😢

 

来月は1ヶ月間休む予定で、その先はどうなるかわからないけど、6月から再開出来たらいいなとは思ってる😌

 

 

でも今回改めて、アシュタンガのクラスをマイソール主体にしていること、そしてこれまで、来てくれる人達には最初から自宅で練習するように促していたことは、本当に良かったなあと感じている✨

 

 

世間のヨガスタジオではZoomでクラスを始めてる所もあるみたいで、それぞれのやり方で柔軟に対応してるみたいだけど、私はうちのメンバーさん達に関しては何の心配もしていないし、質問はLINEやメールで受け付けてるから、安心してクローズ出来るというか🤗

 

 

というか、外での練習が長期間出来ないというのは、むしろセルフプラクティスを深めてもらうのにも良い機会だと思うし、私はこれまで各々のメンバーさんにアジャストしたりアドバイスしたりしてずっとやってきてるので、それを思い出しながら練習してもらえたら、と🍀(まあ、こんなこと言えるのも、私がヨガの収入をメインとして生活してないからかもしれないけど😅)

 

 

 

私自身は、今回の自粛が始まってからどっと疲れが出て、坐禅瞑想・食事・内山老師の御本を読むこと、以外への意欲が全く無くなってしまって😱💦

 

 

それにアシュタンガの練習が、最近は首の状態が悪化していたために思うように出来ず、とうとうフィニッシングをするのが怖いくらいまでになってしまったので、先週の月曜〜金曜までは練習を休み、土曜から再開したんだけど、土曜から昨日までの4日間はフルプライマリーとフルセカンドを2回ずつ出来たので、だいぶスッキリした✨

 

 

練習を再開する前までの最近の練習は、首の緊張を抜きたい、力が入らないようにと意識し過ぎていて、プラクティスをアタマ使ってカラダでやってしまっていたから、練習があまり心地良くなくなってたんだけど、休んでリセットし、再開してからは「首を緩める」だけでなく「首をトレーニングする」ことも意識して、後頭部を着けて反る時は、後頭部で床を軽く押すこと、などをイメージしてやってみたら、だいぶ首が落ち着いてきた😃✨

 

なかなかクセが取れなかったり、負のスパイラルにハマってしまってる時は、今回の私みたいにしばらく休んでリセットするのも良いかなと思う☺

 

 

それに、アサナをすることだけがプラクティスじゃないから、今回のコロナの自粛中は練習をお休みしたい人はそれでもいいと思うし、心を落ち着けたい時は、ナディショーダナなどの呼吸法と座って瞑想すればいいし、その時の自分の状況や状態に合わせてやればいいと思う。

 

今回私は土曜から練習を再開したけど、正しいセルフプラクティスが日々出来ていれば、しばらく休んでいても、マットの上に立ちたいと思う日は自然にやってくるものだし😌

 

 

 

本当は、私もヨガで稼げるようになればいいんだろうけど、でも以前にボディメンテナンスのクラスもやってたように、基本は自分で自分の心と体を整えて安定させていけるように、各々を導くことが私のやりたいことであり、我が使命でもあると思っているので、そこはやっぱり譲れないというのかな。

 

 

 

まあ、私自身の「依存したくもされたくもない」というのが根本にあるのだけど、「それぞれが本当の意味で、自分の足で立っていく」、Sattvaはそのための場所であると思ってるし、自分の練習は誰のものでもなく、あくまで自分のものだ。



今はこの不安定な世間の空気に飲まれ、マインドが乱れまくっている私は良いお手本ではないけれど、またみんなと再開出来るのを楽しみに、与えられている貴重な一人の時間を、良い糧と出来るよう過ごしたいと思う🏡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己ぎりの自己

内山興正老師の「進みと安らい」の第六章の最後の部分に、内山老師が学生たちと話をした時のエピソードが載っていました。

 

私は、その時の老師の答えの深さと真実に、心が震えて涙を抑えることが出来ませんでした。

 

 

本当は実際にご自身で読まれる方が良いとは思いますが、そのエピソードをシェアさせていただきます。

 

 

因みに私は5年半の間、動物愛護の精神の元にヴィーガン(完全菜食主義者)として生活しましたが、生命とは思想というアタマの領域を超えているということ、そして自分自身が「生かされている」ということに気づき、その後は動物性の食べ物も有難く頂くようになりましたが、この老師のお答えは、今の私だけでなく、過去の私にも届けてあげたいメッセージでありますし、多くの人達にも大変参考になるものであろうかと思います。



  〜 〜 〜 〜 〜

 

 

内山老師と話をしていた学生たちの一人が、

 

「世界では飢え死にしている人や多くの戦死者がいるのに、坐禅生活をしているあなた方は逃避者ではないか、社会に出て働くことこそ大切なのではないか?」

 

という問いを老師にしたところ、

これに対し老師は、

 

「君が帰郷する時に夜汽車に乗って、その時に一人の老婆が立っていたら、君は席を譲るかどうか」

 

と学生に問いました。

 

するとその学生も仲間も皆「ゆずらない」と答え、老師はその学生たちの率直さに好感を持ちつつも、このように答えられました。

 


 

「いま地球上にはどんなことでも起っている。飢え死にする人間も、戦死する人間も。ーー そういうことを我々は観念的に知って『こうしてはいられない。どうにかしなけりゃ』という。

 

しかし実物としてのこの自分はどうか。ーー 夜汽車の坐席ひとつ、老婆のためにゆずりかねる自分じゃないか。地球上のあらゆる、あわれな人々のうえを思いやるのは勿論大切だ。しかし夜汽車の坐席ひとつゆずりかねる自分という実物をふりかえることはもっと大切なのじゃないか。

 

その点、罪深い自分の実物を少しもふりかえることなしに、ただ観念的にだけ立派すぎる、主義、思想、運動が多すぎることこそ、現代という大衆時代の本質的弱点なのじゃないか。

 

 

いまのわれわれ、まず自分がこの世に生きている、ということだけで、すでに他人を押しのけ、他人を傷つけつつ生きている罪深い自分なのだということを、まずふりかえることが大切だ。

もしこの罪を完全に犯すまいとするならば、即座に死ぬよりほかはないだろう。そしてすべてのものが死に絶えることだけが、人間の真実ということになるだろう。

 

しかしもし『生きることの真実は、生きることだ』とすれば、まずいまこうして生きているということだけで、すでに犯している罪深さを懺悔しつつ、しかもできるかぎり、目の前の人、それからあらゆる地球上の人類も、すべて生きるという方向にむかって、いまここに力をささげるよりほか仕方がないのではないか。

 

 

たしかにわれわれ社会から目をふさぎ、ただ坐禅していればいいということはない。しかしどんな領野に働くひとたちも、ーー 政治家も、思想家も、科学者、技術者も、実業家も、労働者も、すべてこの自分という実物をふりかえって懺悔しつつ、しかも尚、おのおの自分の働く領野でできるかぎり、目の前の人、そして、世界中の人々が生き生きるような方向にむかって、今ここを働くということ ーー

 

 

そういう生きる姿勢態度の根本基準として、真の『自己ぎりの自己』としての坐禅を、だれもかれもするというような時代を来らせたい。ーー それが今、私自身の坐禅している根本方向なのだ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボサツとして生きる

今日、内山興正老師の「進みと安らい」を読み終えた📙

 

1年半前に新装版が出たタイミングで購入したのだけど、元々は1969年に刊行された作品であるにも関わらず、これほど今の時代に必要とされる教本は無いのではないかと思うし、そしてここまで「自己」について詳細に説明されているものは、きっと世界中探しても何処にも無いと思う。

 

 

「自己の構造」という所に関しては、また改めてシェアをしたいと思うけれど、今日最後の章の「ボサツという人間像」を読んで、私自身もボサツであり、そして私は「ボサツとして生きる」ことを誓願して生きたい、と感じた。

 

 

どうしても「菩薩」というのは修行時代のお釈迦様のことでもあるので、私達の手の届かない高嶺の花のように思われるけど、

 

ボサツとは、目指すところはホトケであるとはっきり方向のきまった凡夫

 

であり、どこまでいっても凡夫である私であっても、凡夫は凡夫なりでいい、「仏を目指し、一切衆生をわが子、わが生命として、面倒をみる」ことのなかに「わが生き甲斐」を見出せば、それは立派なボサツである、ということなのだ😃✨

 

 

 

そういえば私が一番苦しかった頃、般若心経の解説本を読み、その時初めてお釈迦様の生涯について触れたのだけど、その時に、

 

「私もお釈迦様のように恵まれた環境を捨てなければ、自身のしがみつきを手放してこの暖かい鳥かごの中から出ないことには、この苦しみから逃れることは出来ない」

 

と感じ、実際それが独りになる一番のきっかけだったのだけど、今振り返るとあれは、「ボサツとして生きたい」「真実を生きたい」という、私の中から湧き上がってきた発心であり、誓願の始まりだったのかもしれない😌

 


 

この「進みと安らい」を読むと、いかに私を含めた人間が「何でも分別する、人間的アタマ」としての自分のままで、真のオトナになれずに日常を生きてしまっているのかと痛感するけれど、まずは自らが「われはボサツなり」という誓願の元、真のオトナとして生きるように努力していきたい💪

 

勿論、その誓願が、「悟りの境地を得る」とか「無になりたい」とかいう間違った方向へ進んでいかないように、常によく観ておかないといけないけど😅💦



 

 

外で読書出来る場所がそろそろ無くなりそうなんだけど、それまでの間に内山老師の御本を二冊読んで学ぶことが出来て良かった😂☕💦

 

 

「進みと安らい」も「拈自己抄」も、仏教という枠を超え、「生命の真実・真実の自己」を知るための大事な教本であるから、是非各々のタイミングで読んで欲しいと思うし、「生きるとは何か」「自己とは何か」という問いを持つ多くの人達の元へ、これからも届けられることを願ってやまない🙏📙


 

 

 

 

大事にしたいもの

 

さっき、ゾネントアのアソートのお茶の中に入っている「女性のためのお茶」を飲んだら、やたらホッとして力が抜けたので、「これめちゃいいかも」と思った😃

 

コリアンダーでスッキリしながらも、ファンネルがリラックス&緩めてくれる感じで、緊張が抜けてとても心地が良かった☺

今の私にピッタリのお茶だったみたい✨

 

 

 

そういえばこの間も、もう5年くらい愛用してるフルールドファティマのタイム&ユーカリのルームスプレーを一階の部屋全部に振ったら、「コロナうつ」みたいな空気が、いっぺんに吹き飛んでスッキリしたし😆✨

 

 

モロッコのハーブは濃いのかな?🤔🌿

このルームスプレーを超えるものが無いからずっと使ってるけど、部屋の空気を一瞬でクリアにしてくれるとても清々しい香りで、これからの暑い時期や梅雨には必須のアイテムだ☔🌻

 

 

 

 

あと、1年半くらい使ってたサンフードのガムジョイオイルをやめたら虫歯が出来ちゃったので、慌てて買ってきた💦🦷

 

 

植物オイルにティーツリーやウィンターグリーン、クローブやユーカリなどの殺菌効果の高い精油がブレンドされている歯磨きオイルなんだけど、使うと口の中がとても爽快で気持ちいいし、オイルだから口内の乾燥も防げるのが嬉しい👏✨

 

これは朝起きてすぐに使って、この間買ったフッ素入りのペーストは、食後や寝る前に使ってる🦷

 

 

 

 

今は自粛生活だから、ゆっくり出来てありがたいとは思うのだけど、どうしても不安になったりドンヨリしてしまったりするので、だから余計にアロマやハーブの効果と有り難さを感じるのかな🌿

 

 

何でもアタマで考えがちだけど、こういう物の作用や効果って、ホントに理屈じゃないというか、ストレート&ダイレクトに体と心に働きかけてくるのがすごい🌼✨

 

 

 

これから時代は大きく変わっていきそうだけど、こういう自然の力や、それを感じる自分の感覚は、これまで以上に大事にしていきたいものだな😌🍀

 

 

 

 

 


 

 

生(なま)のいのち

 

思いを手放し 眠(ね)ているときも

 

確かに呼吸しつつ生きていればこそ

 

いま醒めているときの自分意識もあるように

 

思いの届かぬところで 私は生きており

 

思いの届かぬところで 私は死んでゆく

 

この思いで煮たり焼いたりする以前(まえ)の

 

生(なま)のいのちの力こそ

 

何より大事にせねばならぬ神の御力(おんちから)

 

 

 


 

 

内山興正「拈自己抄」より

 

 

 

 

 

 

真実を学ぶ

今日、内山老師の「拈自己抄」を読み終えた。

 

 

老師はこの著書の中で、

 

「宗教はただ人が生き、そして死んでゆく、自己の人生の根本問題を追求する営み」

 

 

と定義づけられているのだけど、私もまさしくそれが宗教の本質なのだろうと思う。

 

権威やお飾りで宗教を語り利用し、生死(しょうじ)の問題を切り捨ててしまうのなら、それはもう宗教では無くなってしまうのだ。

 

 

そして、

 

「神=二つではない、一にして有りて在る者」

 

であり、

 

「われら神の中に生き動き又在るなり

 

 

というのが、これこそ真実なのだろうと感じたし、バガヴァッド・ギーターの「普遍の真理」そのものだなあ、と思った。

 

 

 

内山老師の著書は、3年半前に「坐禅の意味と実際」を読んだのが初めてだったけど、老師の御本を拝読すると、真実が書かれていて、そしてそれをご自身の言葉で精魂込めて伝えようとされているから、読んでいて心が震えるし、真実を学べる悦びに満たされる。

 

 

次は以前に購入してまだ読んでいなかった「進みと安らい」を拝読するつもりだけど、こうして著書を通じ、真実を伝えて下さる老師に出会えて、本当に良かったなあと思う。

 

 

 

 

 

現し世に

もし絶対ということがありとせば

それは必ず死ぬというただ一事

だが同時に我れには

必死に生きたい生存本能の事実あり

この生と死の絶対矛盾の

狭間に立つ自分のいのち

この生死問題を問いつづけつつ

謙虚に古えの道を学ぶ処に

初めて求道あり

 

 

 

 

 

 

 

 

情報の選択

この間もブログで書いたけど、私は今は日経電子版アプリの無料のものだけで世間の情報を得ていて、あとは自分で必要だと思うものは、検索して調べている📰



今はコロナで世の中の動きが日々変動しているから、毎日何度かチェックしてるのだけど、正直情報の収集はこれで十分だと感じている。

まあ、日経の情報も微妙なものもあるとはいえ、他のニュースアプリに比べたらまだ良い方かな、と😓

 

 

うちはテレビが無いので、せめて世の中の情勢だけは知っておかないとと思い、これまで携帯のニュースのアプリをいくつかやってみて、しばらくはYニュースがいいかなと思って利用してたんだけど、コロナの前は芸能人の不倫とかを頻繁に取り上げてたし、「どこかのアナウンサーが読み上げてる時に噛んだ」とか、なんでこれがニュースになるんだ、というのがよく上がってきて、しかもニュースに対しての世間のコメントがまた微妙だから、さすがにウンザリして止めたんだけど、見なくなったら随分と楽になった😅

 

 

そういえば私は、携帯に上がってくる広告をブロックするアプリ(280blocker)も使ってるんだけど、前に開いたページが残らないなどの不便な点もあるとはいえ、広告には本当に悩まされてたから、これもやってホントに良かったと思っている😆✨

 

 

 

この情報過多の時代、情報は出来る限り必要なものだけに絞らないと、自分を守ることは出来ない😥

 

 

色んな情報が入ってきても振り回されない人はそれでいいと思うけど、私みたいに過敏な人間はすぐに影響を受けちゃうから、人の批判などのネガティブでラジャシックな情報や、読みたくもない記事や漫画などが常に目に入ってくると、心が乱れてとても疲れてしまう😣(←漫画もついクリックして読んでしまうし😱💦)

 

 

でも日経のアプリのおかげで、昨日と先週の安倍総理の会見はライブで見れたし、テレビなくてもいけるやん、みたいな🤗📺✨

 

ホントは有料会員になって記事も読みたいけど、お金がかかるだけじゃなくて、それはそれで私には情報過多かもしれないから、今のままでいいのかもしれないな😅

 

 

 

今はコロナの影響で、仕事も無くなり行動も制限されて人との関わりがないから、1人でいるのを好む私も流石にここ最近はストレスをかなり感じてるんだけど、爆弾が落ちてくる訳じゃないのだし、広いお家で健康に毎日過ごせていて、母や祖母からもサポートしてもらってるのだから、今ある幸せに感謝しないといけないなあと思う🙏☘

 

 

 

 

外出自粛とはいえ、1人でずっと家にいると気が滅入るから、つい読書の時間は外に出てしまう😅

 

 

でも週明けからスタバは持ち帰りのみになるから、どうしようかなあ😭

 

 

 

 

 

 

ダライ・ラマ法王のメッセージ

ダライ・ラマ法王が新型コロナウイルスに関してのメッセージを世界の人々へ向けて送られていて、公式ウェブサイトで見ることが出来ます。

http://www.dalailamajapanese.com 


 


3/30と4/14に発表されたメッセージでは、このような事態の際に、私達がどのような心でどう行動するべきなのかを教えて下さっています。

 

 

私も法王様のメッセージを有り難い気持ちで拝読しましたが、この危機に対して、冷静さと思いやりを持ってそれぞれが行動していくことの大切さを、改めて感じました。


 

まだご覧でない方は、是非法王のメッセージを受け取りお役立て下さい。

 

 

皆さまが健康で安全で過ごせますように。



合掌





 

 



 

習慣を見直す

今月の始めに歯医者に行ったら、かなり厳しいこと言われたので凹んで帰ってきた💦😭

 

 

私は25歳の頃から10年弱の間、歯の矯正をしていたのだけど、その影響もあってか、今は年齢の割にだいぶ歯茎が下がっていて😥

 

 

それとヴィーガンやってた頃に、毎日スムージーを大量に作りボトルに入れて、持ち歩いてちょこちょこ飲んだりしてたために、栄養不足&口内環境がいつも悪い状態が続き、なのにその頃は病院を避けてたので歯医者にも行ってなかったから、気づけば重度の歯周病になっていて、ほぼ全部の歯が虫歯になってしまった😱💦

 

 

結局それからずっと歯医者さんに通って治療していて、ここしばらくは定期的なメンテナンスだけになってたのだけど、最近行き始めた歯科にこの間行ったら、これまで治療した箇所が多過ぎてそのスキマから虫歯になってきてるから、このままだとまずいので全部やり直した方がいいと言われ😭

 

 

まだ今後どういう治療になるのかはわからないんだけど、とりあえず歯科衛生士さんからは、フロスや歯間ブラシは使ってるので、あとはフッ素入りの歯磨き粉を使ったり、食事の回数を減らすようアドバイスをもらった🦷

 

 

オーガニックコスメを使うようになってから、ずっとフッ素入りの歯磨き粉は避けてたんだけど、今の私の歯には必要のようだし、それに私はおやつを持ち歩いて、カフェに入った時などにちょこちょこ食べてたから、それも見直すことにした😓

 

 

いくら摂取カロリーは同じでも、食事の回数が多かったり、いつも何かダラダラ飲んだり食べたりして口に何か入ってる状態だと、口内環境がずっと悪いままなので、それが歯にとってとても良くないのだそうだ🍪🥤💦

 

 

 

 

東急ハンズで、高濃度のフッ素配合の歯磨きペーストと、薬用マウスウォッシュを買ってきてしばらく使ってるんだけど、どちらも泡立ちが殆どないし、市販のオーラルケアのよくあるピリピリした刺激もないので、私でも使える😃✨

 

 

爪に使ってる補強剤と栄養剤もケミカルのものだし、オーガニックやナチュラルの物だけだと難しい場合もあるから、そのあたりは柔軟に、その時の自分に必要な物は受け容れていこうと思っている。

 

 

 

あと、おやつも持ち歩きはやめて、おやつは食事の後、別に取っても一回にして、とにかくダラダラ食べることをやめてるんだけど、思ってたより苦ではないから何とか続けれそうだ✨

 

 


今はコロナ休暇中だし、これまでの習慣を見直すにも、ちょうど良い時期なのかもね😅

 

 

 

 

 

 

 

私は私を生きている

「なぜ私は私なのだろう」

 

 

と考えるようになってから、自分の存在というのがあまりに謎であり、正直なところさっぱり訳がわからない💦

 

なぜか私は私であり、なぜか視点はここにしか無く、他人の顔は見えるのに、自分の顔は鏡に写さないと見えないし、他人の痛みは感じることが出来なくて、自分の感じる感覚は自分にしかわからない😱🩸

 

 

私は、「私が生きている以外の世界」を体験出来なくて、というか体験のしようがなく、他人の体験談を聞いてもそれは自分の想像でしかないし、世界のどこか遠くへ行ったところで、実は自分の目の前の景色が変わるだけなのだ😳🌍

 

 

 

お釈迦様が「天上天下唯我独尊」と仰られたのはこのことなのかなあと思うのだけれど、私は、私を生きることしか出来ないし、勿論自分から逃げることも出来ない。

 

いつか死ぬことだけは確実に分かってるけど、それがいつなのかもわからないし、今ここを生きるということがなぜか与えられていて、自分の意思とは関係なしに、自分の体は生き生きと活動している。

 

 

どうしても「宇宙や世界の中のちっぽけな私」だと捉えがちだけど、本当のところは、「自分の見えてる世界は1つであり、その自分自身が世界である」という、とてつもないこの不思議😱

 

 

やっぱりさっぱりわからないし、「なんでやねん」と失笑しながら途方に暮れる毎日やけど、そんなことを考えてる時が一番ホッとするのは、そっちがホントやから、なのかなあ😌

 

 


 

今日、櫛谷宗則禅師が説かれた「いのちの坐禅」に出会い拝読したのだけれど、これさえ解ってれば大丈夫じゃないかな、と思えるくらいに大事なことが書かれてるので、シェアさせて頂きます✨

 

 

坐禅はもちろん、人生とは、生きるとは、ということを考える上において、とても参考になると思います☺

http://www.nava21.ne.jp/~oosawa/inotiz.html 

 

 

 

 

 

「何のために生きるのか」ーーー 私は私を生きるため、いまここ私を全うするために刻々生み出し、生まれているでしょう。

私の心臓も呼吸も、私の山も河も大地も、萌えあがり、光を放ち、生きよう生きようとしています。

 

それが答えではないでしょうか。

自分の外側に目的があって、そのために生きるのではありません。

生きるの真実は、事実いきいきよく生きることです。

 

 

ーーー すでにどこもかしこも私の生です。

それは不思議としかいいようがありませんが、それを大切にして生きる一つ一つに真実が宿るでしょう。