無理しない

今日はマイソールクラスを終えた後フラフラになっちゃって、心も全くマインドフルじゃなかったから、家の中で蹴躓いて思いっきり転倒してしまい😱💦

 

軽い打ち身で済んだけど、今日大腰筋の話をしておきながらこれかよ、みたいな😓💦

 

 

午後は書き物の仕事をする予定にしてたけど、和室で横になってたら起き上がれず、でもとりあえず経費精算だけでもしなきゃと思い、何とかスタバへ☕

 

 

帰りにパラディの近商にジャーマンヨーグルトを買いに行ったら、果物売り場で苺の良い香りが漂っていて、そしたらどうも晴美さんが苺が食べたいようだったので、ミニパックを買ってあげた😅🍓

家に帰って一粒食べたけど、甘酸っぱくて美味しくて、幸せな気分😋🍓✨

 

 

夜ご飯はこの間、奈良近鉄で買ってきた天然のブリと今日炊いた汁物と酵素玄米で豪華なご飯✨最近やたらと食欲旺盛😅

 

 

年末からずっとブリ食べたいなあと思ってて、やっとこの間美味しそうなブリに出会ったので買ってきたのだけど、めちゃめちゃ美味しいので1人で「美味しいなあ、美味しいなあ」と呟きながら頂いた😋🐟✨


 

最近ブログも内容濃いのばっかり書いてだいぶエネルギー使ってたし、何でも全力でやってしまってすぐに倒れるウルトラマン気質やから、70%をまた思い出して日々を過ごそう😅

 

 

 

 

実践主義

この間ミラレパの伝記を買ったので少しずつ読み進めていこうと思っているのだけど、始めの所に

 

このミラレパの伝記を

書物や伝統に基づいた信仰に

囚われた人々にではなく

実体験によって知恵を探し求める

人々に捧げる

 

と書かれてあって、それは私にとってとても重要なメッセージであったので、思わず本に向かって合掌した🙏

 

 

この大事なメッセージから自分の話に繋げて良いのかわからないけど、私は自身のことを実践主義者だと思っていて、自分がやってもいない、体験をしてもないのに、知識だけ沢山持って分かったように話したり振る舞うのが好きではない😓

 

例えば、これまで色んな先生のWSやクラスを受けたけど、ただ知識を集めて表面的に取り繕ってる先生と、自分が実践して感じたことや理解したことを伝えている先生とでは、伝わり方が全く違うのだ。

 


だから自分がピラティスをやめてからは、自分がピラティスをやっていない以上は人に教えることは出来ないと思い、外部のピラティスのお仕事もやめさせてもらったし、以前少しだけならまちでエクササイズ系のクラスも担当させてもらったけど、試行錯誤したものの私自身が結局取り繕うことが出来なかったので、申し訳なかったけれどお断りさせてもらった😓

 

 

それでもスタジオをスタートしてから、アシュタンガがキツい人の為にハタヨガのクラスもあった方がいいんじゃないかと思うようになり、OHANAで何度かハタヨガのクラスを受けたんだけど、どうも自分が家でハタヨガのホームプラクティスをやりたいと思えず、それにどうしても自分主体ではなく誰かに伝えることをイメージしてしまってたから、やっぱり違うなあと思い、今後はどうなるかわからないけど、今は自分のプラクティスもクラスもアシュタンガに集中しよう、と決めた。

 

 

そういえばグルジの言葉に「99% practice, 1% theory」という有名な言葉があるけど、これはただ闇雲に練習を沢山すれば良いという意味でもなく、ヨガのアサナの練習だけについての言葉でもないだろう。

 

ビギナーの私は、まだこの言葉の真の意味が理解出来てはいないけど、theoryに沿って正しくpracticeをすること、そして日々の実践を積み重ねて真の自己を知っていくことが、理論や哲学をただのお飾りではなく、本当の意味で輝かせることになるのでは、と考えている。

 


 

実践といえば、私がアシュタンガのクラスを始めた頃は、アシュタンガヨガをみんなに知ってもらいたいという思いもあり、初心者OKのハーフプライマリーのレッドクラスだけやっていたんだけど、「週に一回いっぱい動いて、ストレス発散してスッキリしたい」という人や、「アシュタンガヨガをやってみたい」というインストラクターさんが多かった。

  

今から考えると、私が作っていたのは、アシュタンガのアサナをして楽しむための場所で、「自分の練習を続ける」ための場所ではなかったのだろう。



それから私自身も変化して、継続して自分の練習がしたいという人達の為の場所を作りたいと思うようになり、基本はマイソールクラスの参加を優先にし、普段プラクティスをしていない人のレッドクラスへの参加は受け付けないことにしたら、レッドだけ来てた人は誰も来なくなり、私の考えに共感出来ない人も来なくなった。


目の前で起こることは自分を写す鏡でもあるので、それは必然の変化でもあったのだけど、料金は頂くとはいえやはりヨガを商売には出来ないし、ストレス発散したい人やお客様としてスタジオを利用したいという人は、世の中にはそういう場所が数多くあるので、そちらへ行って頂ければいいかと思う😌

 


 

あと、私は以前アシュタンガの練習に活かすためにピラティスを始めて、その後自分の勉強のために養成コースを受講し、養成コースのアシスタントもやらせてもらったりしたけど、その頃から、指導者養成コースを何故ヨガもピラティスもやったことのない初心者が受講出来るのか疑問だった😥

 

実際ピラティスの養成コースでは、ピラティスのエクササイズを知識だけでなく自分の体でも覚えないといけないのに、人に指導するためのキューイングやクラスの組み立て方まで学ぶわけだから、受ける側も教える側もめちゃくちゃ大変😵💦

 


勿論、初心者から養成コースを受けて、そこからもっと深く学びたいとなる人も多いだろうし、私もホットヨガのスタジオに通ったことでヨガに導かれてアシュタンガを始めたから、どんな入り方をするのかは人それぞれだけど、私は一定期間実践をした人が指導者養成を受けることが出来る仕組みである方が良いのでは、という考えだ🧐

 

でもまあこれは、協会やスタジオが儲けを得ることを優先した、誰でも簡単に取れてしまうビジネスとしての資格制度の問題になってしまうのだろうけど😓

 

 

例えばナンシー先生のクリニックは、アシュタンガヨガの実践期間が3年以上のプラクティショナーであることが参加条件だけど、自分がやってないのに指導やアドバイスなんて出来ないのだから、これは当然の条件だと言える。

 

 

消費社会の世の中だから、ヨガも消費されてしまってるけど、真理は一つなので、惑わされずに自分を信じて、日々の実践を大事にしていこう。

 

 

 


 

 

 

 

伝えたいこと

昨年の11月からまたブログを再開したけど、以前やってたアメブロとジュゲムのブログの時は、人にもシェアしたい思いもあったけど、基本は自分の為に書いていた。

 

でも去年の春から全く書けなくなってしまったんだけど、それは自分の為にブログを書く必要性が無くなったから。

ブログはやはり内側というよりも、外に向けて発信していくものなのだ。

 

 

そしたら水星逆行のタイミングでまた始めることになったのだけど、それは、Sattvaに来てくれてる人達に向けて、情報のシェアの為に書きたいと思ったからだ。

 

読む人によっては私が自分の為に書いてるように思えるかもしれないけど、もう私は自分に向けて書く必要はないので、あくまで今は、誰かの為に書いている。

 

 

でももうFacebookもやってないし、うちのコミュニティの人達も読んでくれてる人もいれば読まない人もいるから、今書いてるブログはほんの数人にしか届いてないこともわかってる。

 

 

それに私は、自己アピールするのも嫌いだし、自分に興味を持ってもらいたいとも全く思わないんだけど、私は「自分が経験したことを人にシェアをしていく」いう責務を何故か感じていて、そしてその為には言葉が必要だと感じているし、自分にはその力があるということも確信している。

 

 

まあ、これまで自分の為にやっていたものが誰かのためにやる、と切り替わったこと自体が私にとっての大きな変化であり、自分だけの世界から出て他者と繋がっていこう、という思いの表れでもある。



でも、思いを人に伝える、人に届ける、というのは本当に難しくて、以前のブログでも、自分が伝えたかったことと全く逆の部分がクローズアップして捉えられることも多かったし、受け取る人はそれぞれ全く違うから、自分の思いが真っ直ぐに伝わるということは、ほぼ無いのかもしれない。

 

 

でも私には、伝わる伝わらないに関わらず、自分という人間を通して、自らの経験や、自分が心から大事にしたいと思うことを、伝えていく使命がある。

 

 

石井ゆかりさんの2020年の牡羊座の空模様に、「あなたには、語るべきことが山ほどあるはずです。」と書かれていたんだけど、そのメッセージを受け取って涙が込み上げてくる私は、おそらく自分の中にそういうエネルギーが沢山詰まっているのだろう。

 

 

私は取り繕うことが出来ない質だし、自分の中から湧き出てくる言葉でしか表現出来ないからこんな感じの文章になってしまうけど、こうして書いて伝えることは、アシュタンガのクラスや外のお仕事と同じく、他者と繋がるための自分の鍛錬でもある。

 

 

思いを語ること、自らを語ること。

 

結果なんてあるようで無いのだから、自分の中から湧き出る言葉を大切にして、発していこう。

 

 

 

 

 

 

一歩一歩

今朝の朝の練習はセカンドをしようと思っていたけど、ちょっと疲れていたのかスタンディングの途中で終わっちゃいそうな感じで💦

 

とりあえずパールシュヴォッタナアサナの後、セカンドの始まりのパシャアサナに入り少し続けていたら、だんだん呼吸がしっかり入りエネルギーも湧いてきて、結局最後まで全部出来た😃

 

最近はこんな感じで、プライマリーもセカンドも、今日ヤバイかなと思っていても、だんだん体が動き始めて最後までいけるので、どちらもヴィンヤサ入れてもフルでやれる日が多い😊

 

 

しかも今日は7つのヘッドスタンドを全部落ちずに繋げることが出来た😆🎊✨

 

これまでは3つのムクタハスタは繋げれても、4つのバッダハスタを繋げるのが難しかったんだけど、今日はプラクティスの途中から、

 

「ああ、私また自力でやっちゃおうとしてるな💦 任せよう、委ねよう。」

 

と思ってやれたから良かったのだと思う☺

 

 

そしたら7つのヘッドスタンドを終えた後のバックベンドの時に、感極まって泣きそうになってしまった😢

 

何故か今ここに自分がいて、こうしてヨガのプラクティスが出来ること。

沢山のものからエネルギーをもらって生かされていること。

そして全てと共に、今ここに在ること。

 

 

毎日ウトゥプルティヒでプラクティスを終えた後は、手を合わせて「ありがとうございます」としか言えないし、日によっては今日みたいに感極まって泣いてしまうこともある🙏



それにプラクティスは本当に「治療」だなあ、と日々感じていて、今日も練習の後は体の細胞たちがみんな「アハハ、アハハ」と笑って喜んでるみたいだったから、私も一緒に「嬉しいね、良かったね、ありがたいねえ」と喜んだ😆✨

 

 

実際今年は冷えが随分なくなって、体が芯から温かい♨

 

暖冬なのもあるだろうけど、ヨガのプラクティスがしっかり出来ていること、それと爪のケアに毎月通ってるから指が使えるようになっているので、指先の冷えも感じない🙌

 

ヴィーガンやめて3年半になるけど、ようやくしっかりした体が作れてきているのを実感してる💪

 

 

私自身も、それにうちのコミュニティも、少しずつだけど変化してきている🐢

 

毎日ちょっとずつだけど、一歩一歩進んでいこう👣

 


 

 

ヨーガは盲目的に信じてついて行かねばならない哲学ではない。

 

始めるときは確かに何らかの信念や信頼を必要とするが、修練を続けていくと、一歩また一歩と進むたびに、より大きな希望がひらけて、ますます確信を深めていく。

 

もしわれわれがただの一日でも"真のヨーギー"であるならば、われわれは変わり、もっとそうでありたいと願うだろう。

 

それは他の習慣と同じで"蔓延性"なのである。

 

 

だがはじめのうちはーーーその効益の味を知るまではーーー何らかの努力をしなければならない。

 

それはちょうど、子供が母親のさし出すちょっと変わったキャンディーを見て、「いや、いらない!」と言うのと同じである。

 

ところが母親が何かの拍子にひょいとその子の口の中にそれを押し込んでやると、子供はその味を覚えて、それからはいくらでも欲しがるようになる。

 

ーーーだから、その味を一度覚えたら、たとえ世界中がわれわれの前に立ちはだかっても、われわれが目標に向かって進むのを阻むことはできないだろう。

 

 

〜スワミ・サッチダーナンダ〜

 

 

 

 

 

 

自分に沿う

うちのスタジオは今は女性専用にしているけれど、アシュタンガのクラスは以前レンタルスペース借りてやってた頃から、男性の参加もOKにしていた。

 

そもそも私自身が「アシュタンガヨガは男女が一緒にするもの」と思い込んでいたので、自分がスタジオを立ち上げても、女性専用にするということなんて、頭の中に全く無かったのだ😥

 

 

でもコスメの取り扱いも本格的に始めていこうと思ってから、何となく男性に来てもらうことがやりにくく感じてきて、そしたらある日、「女性専用にしたいなあ」と、自分がボソッと呟いたので、自分でビックリした💦😳

 

 

でも私は、それは自分の本音ではなく自分のエゴだと思ったので、エゴの言うことを聞いてはいけないと思いその気持ちを押し込んでいたんだけど、もしかしたらそれが私のホントの気持ちなのでは、と考えるようになり😥

 

 

でも、その自分のホントの気持ちに気づいてからも確信が持てなかったので、ヨガ友のTさんに「女性専用のアシュタンガヨガのスタジオって、あってもいいと思いますか?」と聞いてみたら、「私は女性のみというのもあっていいと思うよ。」と言ってくれたので、その後押しのおかげで決心することが出来た😭

 

 

でも今から思うと、自宅兼だから女性専用にしたいというだけでなく、おそらく私はレンタルスペースでやってた頃から、無理して男性の指導をしていたのだと思う💦

「世間の常識」と、自分で無意識に決め付けて枠を作って、そこに自分を当てはめていたのだ😥

 

 

でも、自分に沿って女性専用にしたことで、私は本当に気持ちが楽になった✨

 

去年は、レッドクラスの初心者の受け入れをやめたし、ボディメンテナンスのクラスもクローズしたし、瞑想のクラスも少しやってみたけど、まだ自分は指導出来ないと判断したので、今はやっていない。

 

 

「スタジオを作ったから集客しなきゃ」「来てくれる人がいるから、その人達に合わせて何かしなきゃ」とついやっちゃいたくなるけど、自分が相手や器に合わせることは、やっぱりちょっと違う。

 

そういうのは、アサナに合わせて呼吸するようなものなので、結局しんどくなるのは自分なのだ😓

 

 

私も見極めが難しいけれど、誰かに対してイライラしたり何かを望んでしまう時は、大体は自分が無理をして、合わせてしまっている😥

 

 

「ティーチャーとはこうでなくてはならない」とか、「相手のために私はこれをやらなければ」と思ってしまうけど、無意識に創り上げた理想や常識という観念を自分に押し付けている、ということに気づけば、奥に眠っている本当の自分の気持ちと出会えるだろうし、自分に沿うことを大事にしていれば、表面的に取り繕う必要も、自然に無くなるんじゃないかな😌

 

 

まだまだ試行錯誤の毎日だけど、「自分に沿う」ということを、常に心に留めておきたいと思う🌱

 

 

 

 

5年前にホドラー展が神戸で開催された時、期間中に3回も通ったけど、この絵は特に大好きで、ずっと見ていても飽きないくらいだ✨

 

 

「トゥーン湖とニーセン山」

フェルディナント・ホドラー

 

 

 

 

欲との付き合い方

昨年末から最近まで、セールに便乗して服を沢山買ってしまったため、カードの請求をチェックしたらえらいことになっていた😱

 

とりあえずいくらか支払いを変更しないといけないけど、それでもしばらく仕入れは出来ないな😓

 

 

元々私は、物欲と性欲と食欲が旺盛な欲深い人間で、特に物欲は酷かったから、独りになってお金があまり使えない環境になったことは、自分にとって良いことでもあったのだ👚👜

 


でも「もう服は必要最低限あればいい」って自分では思ってるつもりだったけど、今回改めて、ホントはやっぱり私はまだオシャレしたかったんだと気づいた😳💦

 

 

今は、食欲と性欲は良い感じでコントロール出来てると思うけど、オシャレしたい欲もある程度満たしてあげないと、今回みたいに一気に溢れてしまうなあ😓

勿論自分の稼ぎで払える範囲でだけど😅

 

 

 

というのは、欲は押さえつけると反動がくるんだけど、私の経験では、ある程度満たしてやると満足して暴れなくなる🐗

 

 

私は昔から体重を気にしてダイエットばかりして、更にヴィーガンの時は動物性の物も食べてなかったから、食に関してはずっと自分を押さえつけていたんだけど、ヴィーガンやめてからは自分の好きなように食べさせてるので、今はノーストレスだ✨

 

 

ちょうど1年前は、好物でもない芋ケンピが何故かやたらと食べたくなってめっちゃ食べてたから、案の定体重も増えて顔もふっくらし、オナラもプップカとよく出てたけど、どうせしばらくしたら食べたくなくなるのは分かってたので好きにさせていたら、2ヶ月くらいで落ち着いた🍠

おそらく数年分の芋ケンピを食べたので、今年はそんなに欲しないけど😅

 

 

 

あと、私はずっと恋愛依存の傾向があり性欲も強かったんだけど、独りになり、瞑想や仏教に触れるようになってからは、性欲が起こることは汚らわしいことなのでは、と感じるようになっていた💦

 

 

でも2年ほど前に「ちつのトリセツ」や「潤うからだ」を読んで触発され、自分のためもちゃんとセルフセックスをするようにしようと思い、bdaオーガニックの潤滑ジェルやLELOのバイブレーターを買って使っていたんだけど、なんせ付き合ってる人どころか好きな男性すらいないから基本発情しないので、最近はそこまで頑張る気も起こらず😭

 

 

でも体の反応として、生理前と生理後、満月前なんかは性欲が上がるから、女性用のAVを見たりして脳を刺激させ、セルフセックスでエクスタシーを得ているけど、今はもう道具を使ってまでする気はない💦

 

一時は女性のためのセルフセックスのツールを仕入れようとも思ってたけど、自分自身がそこをもうそんなに頑張ろうと思わないし、私は翡翠卵で膣内のケアは出来るから、もう道具も処分した😓

 

 

でもセックスしないんだったら、月に1〜2回でも自分ですることは膣のケアにもなるし、体の欲を満たしておいた方が、変に恋愛願望が起こったり、タイプでもない人に体が反応することもないので、健全な心身の保持の為にも良いのではないかと思う🧐

 

 

欲をコントロールするのは難しいけど、思いこみで押さえつけずに、適度に満たしてあげることも必要なのだ😊⚖✨

 

 

 

 

先週頂いた里芋と大根がまだ使えてなかったので、今日調理して晩ご飯に🙏

 

やっぱり自分で作ったお家ごはんが一番美味しいなあ😂🥢🍚

 

 

勿論、ご飯の後はおやつも頂きます😋💕

 

 

 

 

ヨガ友

昨日東京入りして、今日と明日はMBL展示会でお仕事🚅

 

今日は仕事の後、新宿三丁目のアインソフジャーニーでヨガ友のTさんと食事をしてきた🍽

 

アインソフはヴィーガンやってた時に何度か来てたんだけど、美味しいからヴィーガンやめてからも利用してる😋

 


たまに期間限定でグルテンフリーパンケーキがあるんだけど、今回は残念ながらなかったので、ハヤシライスを食べてから、グルテンフリーのガトーショコラとコーヒーをオーダー☕

 

でもガトーショコラが洋酒が効いていて、お酒が全く駄目な私にはちょっと刺激がキツかった💦😵

 

 

私は人付き合いがあまり良くなく、友達を積極的に作ることもしないので、会って話をするヨガ友は、今のところTさんだけかな😅

 


お互い自分の思い込みで自分をボロボロにしてきたから共感出来ることも多いし、今はどちらもヨガのプラクティスがエネルギーワークであるということを分かっているので、その視点で話が出来る数少ない人でもある。

 

 

会って話をする度に、お互いが模索しながら変化をしていってるのが面白いなあと思うんだけど、そういう話が出来る相手がいるということが貴重であり、有り難いことだと思う😌

 

今は共にどんどん変化して、新しい自分を発見している最中だから、お互いの成長の過程も何だか楽しい✨

 

 

東京出張も面倒だなあと思うけど、呼んでもらえるからこうしてヨガ友と会うことも出来るので、与えてもらってることに感謝しないといけないな🙏

 

 

店を出る時、私が珍しくスカート履いてるから、「どうしたの?彼氏出来たの⁈」って聞かれたので「まさか!」って思わず答えたけど😅💦笑

 

 

いつも話をしてると時間があっという間で話足りないけど、また次に会えるのが楽しみだ😊


 

 

 

心の苦しみ

生きていると、みんな本当に色々あると思う。

 

私はとりあえず生まれてからずっと、住む家があり、学校にも行けたし、ご飯も食べさせてもらってきたから、そう考えると苦労という苦労はしていない。

 

でも昔から頑固でわがままなくせに、ひどい怖がりだったから、いつも怖くて怯えてて、それに子供の頃からあまり家庭の状況も良くなかったから、いつも人の顔色ばかり伺っていた。

 

 

だからかな、今でも自分の中に、「きっとみんな私から離れていく」というような諦めと、「どうせ私はこんなだから仕方ない」という自己否定する癖のようなものが、こびりついている。

 

 

そのような思考は、ヨガと瞑想の実践のおかげで随分と改善されてきてはいるけれど、どうも潜在的なものがあるみたいで、何かの拍子に浮き上がってくる。

 

 

昨日の夜の瞑想では、自分のエゴと不安が広がっていて何だかワサワサしてたんだけど、とりあえず「その思考自体は私自身ではない」と見つめて、その妙な思考はどこからやってくるのか観察し、その思考に対して「お前は一体何者なんだ」と問うてみたら、自然にふわっと消えていた。

 

勿論気づいたらまたネガティブな思考がワサワサと蘇ってくるんだけど、それに飲み込まれたり、見ないようにしたり、否定することなくただ客観視するしかない、ということさえ分かっていれば、大丈夫なのかなと感じた。

 

 

 

私は「何故こんなに苦しいんだろう?」という思いから瞑想を始めたけれど、その後、「苦しみは自分の心が作り出している」ということに気づいた。

 

何かのせいにしたくなるけれど、残念ながら苦しいのは外は何も関係なくて、全て自分の中から生まれており、自分の心が自分を苦しめているのだ。

 

 

でもその心の苦しみから逃げたり、見ないようにするともっと苦しいし、自分のエゴと戦おうとすると、余計にエゴが大きくなって飲み込まれてしまう。

 

 

なので私は、エゴと戦わないという姿勢であるチベット仏教高僧のミンギュル・リンポチェの教えから、とても大きな学びを得ているのだけど、今朝Tergar JapanのSNSのページを見てみたら、ちょうど今の自分にグッとくる教えがシェアされていたので、共有したいと思います。

 

 

ミンギュル・リンポチェはとても恵まれた環境で生まれ育ったにも関わらず、幼い頃にパニック障害を患っており、それを瞑想の実践で克服され、その自身の経験を皆に伝えてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

『人生の初期は、ほとんど恐怖や不安に押しつぶされそうになって生きてきたので、心の苦しみ(煩悩)がどの程度のものなのか、わかっていました。

 

十三年間も、私は怖れのために死んでしまうのではないか、時には、こんなに恐怖を感じるのなら死んでしまった方がいいかもしれない、と思っていたのです。

 

 

しかし、安居に入り、こうした心の苦しみに真正面から向き合ったときに、私は、無知、執着、怒り、嫌悪などの心の苦しみは、私に与えられた瞑想の材料なのだということ、ちょうど孔雀の羽のように、心の毒は大いなる祝福の種に変わったということなのです。

 

 

あらゆる心の苦しみは、実際には智慧の基礎なのです。

苦しみにとらわれてしまったり、あるいは抑圧しようとしても、それは結局、より多くの苦しみを生み出すことになります。

 

 

しかし、その代わり、自分を殺すのではないかと怖れていたものを直接に見つめると、それは今まで望んでもいなかったような瞑想の支えとなるのです。』

 

 

 

 

 

冷え予防

女性はそもそも冷えやすい性質なので、冷えで悩んでいる人も多いと思う❄

 

 

冷え予防というと、カイロを貼ったり靴下を重ね履きしたりするのを思い浮かべるかもしれないけど、私はどちらも殆どすることはない🧦

 

基本毎日やってるケアは、お風呂から上がってタオルドライ&保湿をしたら、足の指の間をドライヤーで乾かすこと。

 

 

これは爪のケアをしてくれているLinoさんから教わったんだけど、冷えてる指先をドライヤーで温めるというよりは、指と指の間の付け根が濡れているとそれが冷えの原因になるそうなので、そこを乾かすことが大事なのだとか😳

 

なので私はお風呂から上がってすぐはまず足の指と指の間からタオルで拭くようにしていて、手を洗った後も、掌や手の甲よりも、指と指の間の付け根の水気をしっかり拭くことを優先している🙌

 


靴下も、指の間を乾かしてから履かないと蒸れてしまい、そこから冷えてしまう💦🧦

だから靴下を履けばいい、というものでもないのだ😥

 

 

あとやってるのは、お風呂を出る時に、冷水シャワーを浴びること🚿

 

でも冬は正直結構厳しくて、修行僧になった気分になるけど、血行促進&美肌にとても効果的だ😃

冷水シャワーを浴びて、また湯船に浸かって少し温まって、また冷水を浴びるのを反復すると、より血流が促進される。

 

 

ただこれは体質によって合う合わないがあるかもしれないし、私も生理期間中や体調の悪い時はやらない😓

それに私は朝お風呂に入るからいいけど、夜にするのはどうなのかなあ🤔🌙

 

 

とりあえず仲谷先生とナンシー先生は冷水シャワーを推奨されてるし、私自身も効果は感じてるので、興味のある人はお試しあれ🤗

 

 

 

防災訓練とお灸ケア

今日は朝から地区防災訓練が西部公民館6階の避難所で実施され、参加してきた😃

 

 

奈良に来て、それも独りになってからだな、こういうのに参加しようと思うようになったのは😅

 

今日は車椅子の使い方、タンカで人を運ぶ実習、AEDと胸骨圧迫による救命処置の方法などを学んだのだけれど、実際自分がやる時が来るかどうかはわからないとはいえ、知っておく&経験しておくことはすごく大事だなあと思った👩🦼

 

なのでこういう機会が設けられることは、とてもありがたいことだ🙏

 

 

20年間の結婚生活の間は分譲マンション暮らしで、子供もいなかったこともあり、近所の人や地域の人と交流することは全く無かったけど、奈良に来てからは地域の人達と共存していくことの必要性を感じている。

 

 

今日は9時〜12時までの3時間、とても有意義な時間だった😃

またこういうのには積極的に参加していこう😊

 

 

帰ってからご飯を食べて、畳の部屋で寝てたんだけど、夜になってもスッキリしないので、お灸でケア🔥

 

 

今日は初めて中渚という、血や水の流れを良くしてくれるツボにお灸してみたけど、なかなか良いかも😃

 

私はめまいや立ちくらみがよく起こるので、このツボは覚えておこう。

 

 

あとは三陰交と太渓にも。

 

 

お灸のおかげで少し落ち着いたかな。

 

自律神経が乱れ気味だから、気をつけよう😌