診てもらえる幸せ

今日は約3ヶ月ぶりに京都へアシュタンガの練習に行ってきた😃

 

久しぶりの外練なのでちょっと緊張したけど、やっぱり自分を診てくれる人がいることって、本当に有難い😂

 

 

それに今日は、「首がだいぶ良くなったね」と言ってもらえて嬉しかった✨

 

スマホは出来るだけスタンド使って見るようにしてるし、宅練でも首を意識して練習してるから、ちゃんとその効果が出ているようだ🤗

 

 

 

今日の夕方は、初めて行く歯医者さんに予約をしていたので行ってきたのだけど、めちゃくちゃきっちり調べてくれて、とりあえず今のところは虫歯の治療二箇所だけで大丈夫、と言ってもらってやれやれ😭

 

 

しかも若くて優しい男の先生が親切に診てくれたので、「えっ、歯医者やのにこんなに幸せな思いをしちゃっていいんですか?💦」、みたいな😚笑

 

私も単純というか、すっかりオバさんやなあ😅

 

 

 

コロナの影響でどっちもやっと今日行けたけど、練習も歯も診てもらえて、幸せな1日だった✨🧘🦷

 

 

 

 

お庭の紫陽花が沢山咲いてきて、今年は小ぶりのお花が多めだ🌸

 

 

因みにこの間ご近所さんと話をしてたんだけど、どうも私が住んでるこの家は、一戸建てにも関わらずずっと女性が単身で住むことが続いてるそうで、私で4人目なのだとか💦😳

 

 

だとすると、私がスタジオを女性専用にしたくなったのは、もしかすると私の意思だけではなく、家もそれを望んでいたのかもしれないな🏡🤔

 

 

 

で、今日その話をヨガの練習の後にしていたら、「それ、女性じゃなくて男性の霊がいるからなんじゃない?だから男の人に入って欲しくないんやわ。」と言われ、ああなるほど、と妙に納得したんやけど、

 

 

帰りの電車でふと、「えっ、ということは私、今の家に住んでる間は彼氏出来へんのとちゃうん?💦」と気づいてしまい😱😭

 

 

 

もうそろそろ、誰かもたれかかれる人が欲しいなあ、と思ってるんやけど、ここにおる間は自分に集中せえ、ってことなのかしら😭

 


 

まあでもある意味「守られてる」ということでもあるのだし、諦めもつくから、良いように受け取っておこう😂笑

 

 


 

 

 

 

翡翠卵で膣のケア

私が翡翠卵を使い出して約3年になる🥚

 

 

翡翠卵を使い出したのは、「ちつのトリセツ」を読んだのがきっかけで、ちょうどその頃は離婚してしばらく経っていて、サンガに入って瞑想もしてたから、性的なことを何となく汚らわしく感じていたんだけど、本を読んでみて、膣のケアや女性性の大事さを改めて感じ、膣の中に入れる翡翠卵や、セルフセックス用のツールを購入して使うようになった👩

 

 

 

私が使ってるのは、糸魚川翡翠のジェイドエッグ🥚

 

Amazonで海外製の安いのものも売ってたけど、体の中に入れるものだから、質の良い納得出来るものが欲しくて、ネットで探していたらこの子達に出会い、当時奮発して買ったけど、今も大切に使っている😊

 

 

最初は小さい方を買ったんだけど何となく物足らなくて、すぐにまた大きい方を買い足して、今はその日の気分によって使い分けているけど、生理の時と、アシュタンガのプラクティスとクラスの時はバンダが作用するので、入れないようにしてる。

 

 

 

使い始めた頃は、卵を出し入れするのが難しいから、オーガニックコットンの毛糸を買って、卵の穴に通して引き抜く紐を作り膣から出し入れしてたんだけど、卵が入ったまま尿をすると紐に尿がかかってしまうから臭いが気になっていて、そしたら段々使い慣れてきたので、しばらくしてから紐なしで使えるようになった😚



出す時は、指で補助しながら、いきんで卵を産む、みたいな感じで出してるけど、大きいサイズの場合、特に膣のだいぶ奥にエッグが入ってしまってる時は、産むのが結構大変😅💦

 

 

いつも朝の入浴の時に湯船で卵を温めて、上がってから挿入し、夕方もしくは帰宅してから膣から出すんだけど、その時にエッグに付いてるおりものの粘度や色、匂いのチェックをするようにしてる🧐👃

 

 

因みに、自分の膣液を舐めて陰性か陽性かのチェックをしているという知り合いのマクロビに詳しいツワモノの女性がいるんだけど、私は舐めても陰性か陽性か、とか全くわからないので、それはやっていない😅笑

 

 

 

 

卵を膣に挿入する時は、私はフルールドファティマのダマスクローズの精油が入ったアルガンオイルを、エッグと自分の膣周りに塗って、膣口に負担のかからないようにしてから優しく入れるようにしている。

 

 

ピュアなオイルも色々あるけど、何となく「種」から採られたオイルがいいかなと思ったのと、それにローズは香りも良いし女性のサポートをしてくれるので、私はこのオイルが気に入っている🌹

 

 

 

翡翠卵で膣のケアをするようになってから、膣の中は、弾力があって引き締まっていて、ふっくらと柔らかいし、常に潤っているようになった✨

 

 

それに卵が膣の中にいてくれると何だか安心して満たされるし、卵が優しく膣壁をマッサージしてくれるから、とても心地が良い☺

翡翠はパワーストーンだから、その効果もあるのだろうな✨

 

 

セルフセックスのツールはどうしても素材が人工的だから、あんまり体が喜ばないし、私は今は翡翠卵で十分膣のケアが出来るので、ツールは使わなくなり処分したけど、翡翠卵を使わないのなら、セックスやセルフセックスしたり、指でオイルマッサージをするなど、女性は何かしらの膣のケアはいくつになってもやった方がいいと思う😥


そのままにしておくと、膣は乾いてカチカチに硬くなり、指先すら入らなくなって、弾力もなくなりたるんでくる😱



それに女性器が硬くなると、頭も硬くなり、精神的にも不安定になったり冷え性になったり、骨盤内の臓器も下がってくるなど、その他色んなトラブルが生じるそうで、でも残念ながらそういう事実を知ろうとする女性は、日本ではまだまだ少ない😥


 

私は「ちつのトリセツ」と「潤うからだ」を読んで自分に合うケアを見つけたので、世の女性もまずそういう本を読んでから、何かしらのケアをやってみるといいんじゃないかな。

 

もちろん、ただ本も読むだけで、「へえ、そうなんだ」と何もせずに他人事にしてしまったら、何の意味もないけど😭

 

 

 

 

以前の私はデリケートゾーンのケアを、あくまで男性とセックスする準備のためにやっていたけど、翡翠卵を使うようになってからは、女性としての自分の体を大切にするためにやっているし、今は自分の体を愛おしいと思えるようになった🌺

 



相手がいようがいまいが、今生を人間の女性として生きることに変わりはないので、歳を重ねても、潤いのある女性として生きたいなと思う☺

 



「愛される」ことを目指すよりも、「愛する」ことを大事にしよう☺❤

 

 


 

 

 

三つの穴

満月の今日、タイミング良く朝から生理が始まった🌝🩸

 

先月も今月も生理の始まりが満月なのは、きっと今は自然な生活が送れているからなのだろうな🏡

体はやっぱりとても素直で正直だ😅

 

 

ただ、経血コントロールをしている私は、生理の1日目と2日目のトイレタイムはいつも以上に真剣&慎重になる🚽💦

 

 

アシュタンガとピラティスを始めるようになってからかな、私はトイレの時に、三つの穴(尿道口、膣口、肛門)の締め分けをするように意識しているんだけど、これが実際とても難しくて、というか私は自分の体しか経験したことがないから、他の女性がどうしてるのかは知らないのだけど、ホントに難しい😂

 

 

例えば、これまで便をする時は尿も一緒に出しちゃってたけど、今は出来る限り分けて出すようにしてるから、でもそれぞれを一回で出し切ることは難しいので、なのでその時によるけど、先に尿を出してから便を出して、それから残ってる尿を出し切って、まだ便が残ってたらそれを出し切る、みたいな💩💦

 

 

でもそれが生理の1日目と2日目だと、経血もたっぷり溜まってるので、とりあえず経血が漏れないように先に尿を慎重にチョロチョロ出してから、それから膣口を緩めて経血をドバッと出して、でも便もしたい場合だと、「ああもう、どれから出せばええねん!」って感じで、便器に座りながら悩むこともある😂

 

なので私にとってはトイレはリラックスタイムではなく、ガチのプラクティスタイムなのだ🚺

 

 

 

でも排泄も、「ただ何となく出す」ではボディメンテナンスにはならないし、歳を取ると便や尿の排泄のコントロールがとても難しくなるから、早いうちからこういうケアはしておくべきだと思う🤔

 

 

それに女性はセックスする機会がなくなると膣の存在を忘れてしまうことが多いようだし、骨盤底筋が弱くなると、猫背になったり、尿漏れも起きやすくなる😥

 

 

私は経血コントロールをするようになってから、たまにフッと漏れてしまうこともあるとはいえ、布ナプキンも夜用とか必要なくなったし、トイレで経血をまとめて出せるのは、結構気持ちが良かったりする😚

 

 

 

ただ私は三つの穴だと肛門の締まりが少し緩いようで、なので最近は思い出した時に肛門をキュッと軽く締めてたりしたんだけど、一昨日たまたま仙骨について調べてたら、「仙骨を広げよう」というネット記事に出会い、それで昨日の朝のセカンドの練習はひたすら仙骨を広げるように意識してやったんだけど、そしたら勝手に肛門もキュッと軽く閉まって、更に下腹にも力が自然に入ってとてもいい感じだった😆

 

 

ピラティスしてた時もそうだったけど、体は「締める」ことを過剰に意識すると、逆に硬直して必要な力が出せなくなるから、この「広がる」イメージはとてもいいなと思う✨

 

なので昨日は練習の後、仙骨と肛門がとても喜んでました🤗笑

 

 

 

 

ウエストのくびれとか、顔のシミやシワを気にするよりも、三つの穴をコントロールする方が、中からエネルギーが湧いて女性はキレイになると私は思ってる✨

 

 

それに、体は自分の人生と最後まで付き合ってくれる一つしかないものだし、自分の体に気づいてあげると、体は喜ぶし、応えてくれる😃

 

 

 

もしかしたら、人生の変化はエステとかじゃなく、毎日のトイレタイムから始まるかもしれないぞ🚽

 

 

 

 

 

 

 

アナパナサティ

先月「何もしない」のブログを書いたけど、あれは数年前に読んだティク・ナット・ハン師の著書で、何もしない日を作ることを師が推奨されていたのを思い出したのがきっかけだった🙏

 

 

そしたらその本の中で、師がどの著書でも書かれている呼吸の瞑想の部分が目に止まった。

 

 

息を吸いながら 吸っていることに気づく

息を吐きながら 吐いていることに気づく

 

 

基本これがベースで、これを応用したものが沢山あるのだけど、ふと私は「あれ?私これちゃんと出来てるのかなあ?」と思って😳💦

 

 

多分吸って吐いてはしてるけど、気づいてるつもりが「doing」になっていて、ただの吸って吐いてになってるんじゃないかと😥

 

 

それでその場でやってみたところ、

 

「ああ、そっか、アナパナサティか。私はこの一番大事な基本が疎かになっていたのかもしれない。」

 

と気づいた💡

 

 

 

アナパナサティとは、お釈迦様が実践されていた瞑想法で、『ただ入ってくる息(アーナ)と出ていく息(アパーナ)に気づいていく(サティ)瞑想』なんだけど、それでその日から、坐禅はただひたすらアナパナサティだけをやるようにしてみた🧘

 

 

でもなかなか「ただ入って出ていく息に気づく」ことが出来なくて、やっぱり息を吸っている・吐いているになっちゃうんだけど、50分くらい座ってたら、一瞬「息が自然に入って、出ていくのをただ眺めている自分」を感じれて、あ、これだ!と思ってそれを継続しようとするんだけど、そしたら息苦しくなって、またdoingに戻ってしまって😥

 

まあよく考えたら、「それをもっとやりたい」とやっちゃうこと自体がdoingなので、そうなるのは当然やねんけど😅笑

 

 

それからひたすらアナパナサティだけやってると、だいぶ坐禅が深まってきて、その後は1時間坐れることが増えてきたし、観察者(ヴィヤクタ)と観察されるもの(ヴィヤクティ)が、より自分の中で鮮明になってきた気がする👁

 

 

 

私はこれまで山下先生やミンギュール・リンポチェから瞑想を学んできて、家でも4年半ずっと坐ってきたから、僅かとはいえ経験もあるしテクニックも多少は知っているのだけど、今回改めて、瞑想はまずアナパナサティがあって、その状態から瞑想が深まり広がっていくものなのだなあ、と感じた。

 

 

というか、難しいことも強制されることも苦手な私は、瞑想のテクニックを色々持つこと自体が煩わしいし、実際アナパナサティで瞑想が深まってきたら、体にピリピリと電気が走っているような微細な感覚も自然に感じられるし、外から聞こえる音が耳に入っていることにも気づけるし、慈悲も自然に湧いてくるのだ✨

 

 

だから正直今の私としては、とりあえずアナパナサティさえ押さえておけば、あとはそんなにあれこれやらなくてもいいんじゃないかなあ、と思っているんだけどねえ😅

 

 

 

 

因みに今日は2ヶ月ぶりにマイソールクラスをやって、2年前後通ってくれているメンバーさん達が来てくれたんだけど、久しぶりにみんなの練習を改めて見てると、どうも「何となくヨガやってる」感というか、自分のプラクティスが他人事のようになってるように感じられた😥

 

 

でも私がこれまでしつこく「ポーズの形だけに囚われないように」と言ってきてるから、みんなガツガツポーズを取ったりすることはないし、なんでそう感じるのかなあと思ってたら、今日夕方1時間坐禅した後にふと、「あ、そっか、主体と客体とに分かれてないからか!」と気づいた😳💦

 

 

というのは、おそらく世間の人はみな「他との兼ね合い」としての自分を生きてるので、あくまで自分は外の誰かがいるからの自分でしかなく、なので「自分が自分を観察する」ということが多分ほぼほぼないのだろう😥

だから、「自分を観ている自分」と言われても、ピンとこないのかもしれない😓

 

 

ただ、だからと言って、自分の中に「観察者(主体)」と「観察されるもの(客体)」があることに気づいていかないことには、ヨーガの実践は深まっていかないので、でもアサナだけやってると、気づくのにはだいぶ時間がかかるかもしれないから、やはり坐る瞑想も必要かもしれないな😓

 

 

もちろん、練習はまずアサナからだから、順番としてはそれでいいのだけど、アサナの練習をある程度継続してるのなら、「自分を観ている自分」に気づいていくことは不可欠だし、それにいずれはその主体と客体(知るものと知られるもの)も溶け合って区別のなくなるサーマディにまで深まってくるのだし。

 

 

 

私は前に瞑想のクラスを何度かやってたんだけど、去年の4月以降は休止していて、それは自分の瞑想がなんかしっくりこなかったから、これでは人に指導は出来ないと感じたからだった😥



基本私は取り繕うことが好きではないので、いつか自分に準備が出来たらまた始めようと思ってたのだけど、私もやっと今回の自粛期間で自分にじっくり向き合う時間が取れてその準備が出来たと思うから、来月くらいからまた再開したいなと思う☺

 

 

誰も来えへんかったら、自分1人で坐ればいいしね😅

 

 

 

 

 

今日の午後に届いて鉢に植え替えたハーブの苗たち(ローズゼラニウム、レモンバーベナ、スペアミント)😃🌿✨

 

 

私は昔からハーブが好きなんだけど、今度は大きな鉢を買って寄せ植えにしたいなあ😚

 

 

 

 

 

 

仏道を学ぶ

今日母がうちに来てくれたんだけど、以前にお寺さんが送ってきてくれたという修証義の冊子を持ってきてくれた😆✨✨

 

 

60ページほどの薄い冊子だけど、原文と現代語訳と仏教用語の解説が一目で分かるように書かれていて、どんだけわかりやすいねん、みたいな😂😂

 

 

訳を見ても、よくありがちな「訳した人の思想や観念や知識が入り過ぎていて、分かりにくくなっている・もしくは違うものになっている」ということもなく、スッキリしかもわかりやすく訳されている🤗

 

 

 

修証義は道元禅師の「正法眼蔵」全九五巻を再編集したもので、いわば正法眼蔵のエッセンスが、この修証義で讃われているのだそうだ。

 

 

正直、私のように仏教の知識が乏しく、それにマハラジの「I AM THAT」を読むのに2年ほどかけてるような私が、正法眼蔵をじっくり学ぼうとしたところで今生でやり切れるわけがないし、それに兄が亡くなってから曹洞宗のお経を読む機会が多かった私には、修証義は最適なテキストともいえるのだ😃

 

 

でもこの冊子、以前も確か見た筈なのにその時はピンとこなかったけど、今は少し読んだだけで「おお、素晴らしい!」「まさしくその通りだ!」と1人でキャーキャー言いながら歓びに浸れるのだから、面白いもんだなあ😅

 

 

しかも用語の解説のところに、「四弘誓願」の意味とかその他の私の知りたかった用語も沢山載っていて、どんだけ良く出来た冊子やねん😭

私みたいな仏教初心者には最高のテキストだ✨

 

 


 

でも何より嬉しいのは、母と一緒に仏道を学べるということだ。

 

 

母はいつも兄と祖父の仏前でお経を唱えていて、なので修証義も全部覚えてるみたいなんだけど、でもこれまで母は意味を知らずあくまで供養として唱えていたので、これからはお経に書かれている意味を知って、お互い学びを深めていけたらなあ、と今日思った😊



それに真理を学べば、母も私がブログで何を言ってるのか、ちょっとはわかるようになってくれるかもしれないし😅

 

 


 

本当に、ここから始まるのだな🙏

 

 

「生を明らめ死を明らむるは 仏家一大事の因縁なり」

 

(生まれ生きていくことは何なのかを明らかにし、死とは何なのかを明らかにすることが、仏教徒にとって最も大切な課題です。)

 

 

 

 

 

 

 

 

心を亡くさずに

早いもので、もう今月も終わりだ😭

 

 

今月は自分に集中したかったので家から出ることも殆ど無かったけど、こんな良い機会を与えてもらったことには本当に感謝している🙏

 

 

先月の初めに緊急事態宣言が出て、しばらく自宅にいなきゃいけないと分かった時は、「え?ホンマに休んでいいの?💦」と思ったけど、今はすっかり隠居生活が板についてしまったので、正直来月から動き出すのにはだいぶ抵抗がある😓

可能なら、今年いっぱい継続したいんやけど😂笑


 

そういえば、少し慣らしていかないとと思って先週スタバに行ってみたけど、気が散って本も読めず、すぐに家に帰りたくなったし😅

 

 

 

私は有難いことに自分のことだけやればいいから、その時の自分に合わせながら日々過ごしていたけど、今月1ヶ月ガッツリ籠ってみて、

 

・食事

・ヨガと瞑想の実践

・真理の学び

・庭いじり

・たまに音楽を聴く

 

さえ出来れば、私は満たされて毎日快適に暮らせることがわかった😅笑

 

 

勿論稼がないと生活していけないから、こんな暮らしが継続出来ることはないのだけど、でも今後は可能な限り一人で自宅で過ごす日を作っていきたいなあと思っている🏡

 

 

 

忙しさは現代の病だ。

 

日々プレッシャーとストレスを自分に課して行動し、少しでも早く結果を出そう、何かを達成しようとしてアタマで描いた幻影を追って走り続け、実際、それが良いことかのように思われてきたわけだけど、結局私達はその無明の為に、心身の健康や家族との関わり、地域の自然など、その他あまりにも多くのものを犠牲にしてきている😢

 

 

今回、「止まること・休むこと」の大事さを身を持って感じたけれど、これからは「忙=心を亡くす」ではなく、「念=心を今に(マインドフルネス)」に日々過ごしていけるよう、これまでの暮らしを見直しながらやっていきたい😌🌳

 

 

 

 

今年はレモンもオリーブも沢山お花が咲いたなあ😃


紫陽花もほんの少し色づいてきたし、毎日庭いじりしてると、ホント癒される☺✨




朝は、4時半頃から鳥達が鳴き始める🐧



でも最近ホケちゃん達の鳴き声が聴こえなくなり、もう行ってしまったのかと思って、悲し過ぎてめちゃ凹んでたんだけど、昨日の夕方ベランダでいたら遠くからホケホケ聴こえたので、嬉しくて泣きそうになった😭 



どんだけ癒されとんねん、みたいな😂



今日は朝から元気にホケホケ鳴いていたぞ😆✨



ホケちゃん達、いつもありがとね🤗


 

 

 

 

 

 

素朴な疑問

お経を唱えていたら、どう考えてもこれは亡くなった人に捧げるものではなく、生きてる人間が自分自身に向かって読むべきものではないのか?という疑問がふと湧いてきた🤔(供養回向などは別として)

 

 

と言っても私は仏教に詳しいわけでは全くなく、お経も大部分が意味のわからないまま唱えてるのだけど、誰でも分かるような箇所は分かるので、その部分だけを見ても、いやいや、死んでからじゃなくて今でしょ、みたいな😅😇

 

 

それで何故お葬式や法事の時にお経を唱えるのか、ネットでいくつか調べてみると、

 

「周りで聞いている人達のために唱えている」

 

「その場でいる者達で、人生において本当に大切なことを思い出そう、学び直そうとする態度の表明」

 

「亡くなって輪廻したばかりの人の魂に栄養を届けるため→供養」

 

 

という感じの答えが出てきた🧐

合ってるのかわからないけど、とりあえず、供養だけではなく、その場にいる生きてる人間の為でもあるようだ😅

 

 

 

でも改めて思うのは、私としては、死んでからお坊さんに来てもらってたら遅いんじゃないのか、と。

 

 

今の日本だと、お坊さんもお経も御供物でしかなくなっているように感じるんだけど、それだとやっぱり残念過ぎる😢

 

 

生きてる内にお経を読んだりお坊さんとお話しして、生死の問題についての疑問とか、どう生きればいいのかとか、そういうのを学ばないといけないんじゃないのか😥

 

 

だって、修證義を見ても、

 

今生の未だ過ぎざる際だに急ぎて發願すべし

 

即心是佛というは誰というぞと審細に参究すべし

 

って書いてあるやんか😂

 

 

 

でもお経って、訳が人それぞれで、般若心経なんか正直まともに解説されてる本ってあるのかなあ、と思うくらいだから、お経を学ぶにしても、どの本から学ぶのか、誰から学ぶのか、というのは非常に大事になってくる。

 

 

私も、自分が唱えてるお経の意味はやはり知っておきたいから、今生の未だ過ぎざる際だに、急ぎて学ぶ機会を得たいものだ😂

 

 

 

 

でも普回向は、いつ唱えても染みるなあ😭

 

まさにこれに始まりこれに終わる、みたいな。

 

 

しかも「十方三世一切佛」って、ホンマにそのまんまというか、まさしくその通りで、そうとしか言われへんよねえ😂🙏

 

 

 

 

 

 

 

たった1人、違う奴がいる

私は4年半前に鎌倉の一法庵のリトリートに飛び込んで瞑想を始めたんだけど、それからしばらくサンガの一員として接心などに参加していた時に、哲学者の池田晶子さんや永井均さんの著書を紹介され、この私の存在とは、と考えるようになった🤔

 

 

それまで私は世間の人と同じように、私はこの世界で生きている中のちっぽけな1人で、脳が私をやっていて、脳と体が駄目になれば死んでゆく、と思っていた。

人生とは、そういうもんなんだ、って。

 

 

 

でも池田晶子さんの「人生のほんとう」を読んだ時に、天と地がひっくり返るくらいの衝撃を受けた😳😳😳


 

実際、池田晶子さんの著書を読んで発狂した人が何人もいるそうで、でもそれはその人達がちゃんと考えて正しく読んだからだと私は思うけど、発狂してしまったのは、きっと真実を受け入れられなかったからなのだろうな😓

 

 

でも池田晶子さんの著書を読んで、これまでの人生が全部ひっくり返るくらいの衝撃が無いということは、何を言ってるのかピンときてないか、フィクションのように読んでいるか、だろう。

残念ながら、殆どの人は「自分で考える」ということをしないので、こっちに当てはまるのだと思う😢

 

 

私の場合は、「世の中で伝えられてることが全部偽りで、こっちが本当なんだ」と確信したから、相当に衝撃的ではあったけれど、逆にめちゃくちゃ嬉しかったし、真実を知り安堵した、という感じだった。

 

 

永井均さんの「哲おじさんと学くん」は、この「自分のあり方の謎」について書かれていて、ただ私のように頭のよろしくない人間にはだいぶ難しく、この本も当時だいぶゆっくり時間をかけて読んだけど、とりあえず、

 

 

あり方が逆になっている奴が一人だけいる

 

 

というのが、私にとっては一番のポイントで、実際、どう考えても、どう考えてもおかしいのである😳

 

 

なぜか私は私をやっていて、私は人の顔は見れるのに自分の顔は鏡を見ないと見えなくて、自分の痛みは自分しか感じることが出来なくて、見えている人や物や世界は、全て「私 対 世界」の構図になっている。

 


みんなこれが当たり前だと思ってるけど、気づいてみると、どう考えてもおかしい。

なんで、私だけ反対なんやろ、って🙃😳💦💦



それは「えっ?」じゃなくて、「えっ」というか、「あっ」というか、そういう感じ😳



これは本当に、考えれば考えるほどわからなくて、というか絶対わからへんねんけど、改めて考えると、「いやいや、こいつ誰やねん」って😳😱💦💦

 

 

 

なんかわからんけど、私をやってるこいつは誰だ。

というか、こいつは誰だと言ってる私とは何か。

 

もう、おかし過ぎて、笑うしかあれへんやんか🤣

 

 

 

 

でも私は、この自分の存在について考えるようになってから、随分生きるのが楽になった。

だって、世界に一つだけのちっぽけな私は、実は世界なのだと気づいたのだから🌸

 


でも発狂する人達の気持ちもわからなくはない。



だって、私の見えてる世界は一つしかないのだから、ある意味「私しかいない」とも言えるので、物凄い孤独なところに生きている、ということでもある🕴


各々が皆、各々の世界の中で生きているということであり、その人しか、その人自身を感じることも生きることも出来ないのだ。



でもまあ、みんな、まさか自分が本当は「人生という名の映画を観ている」だなんて、気づきたくないんやろうなあ😱😅




なぜか、私はたまたまここで「西田晴美さん」という人の人生を与えられていて、それは考えても考えてもさっぱり訳がわからなくて謎でしかないのだけれど、なぜか私はこいつなのだから、私がこいつを生きてやらんことには、誰がこいつを生きるねん、と。

 


だから、腹くくってこいつを生きようぜ、と、そういうことだ😌


なので私は、このはるみさんという人の人生を、精一杯生きてやりたいと思う✨

 

 

 


これまで私もずっと思ってきたけど、世の多くの悩める人達は、人生の中で、


 

「私が生きてる意味って何?」


 

と思うことがあるだろう。

自分の存在価値を、何かで確かめたくなったりするだろう。

 

 

今の私は、こう思っている。

 


「意味なんかいらんやん。存在価値とか必要ないやん。今ここに存在してるということ自体、そんなん全部超えてるんやから。」

 

 

 

 

 

 




 

深く観る

一昨日と昨日は久しぶりに外出したんだけど、改めて「マスクを着けているのが当たり前」の世界になっているなあ、と思った😷

 

でも怖いなと感じたのが、無意識に「あ、あの人マスクしてない」とか「鼻を出してマスクしてるな」とかついチェックをしてしまっていたことだ💦

 

 

私は緊急事態宣言が出る数日前にやっとマスクを着け始めた人なんだけど、いざ自分が着け出すと、着けていない人が気になり出すのだから、恐ろしいものだ😱

 

でもこんな風にすぐに世の中に流されて染まってるようではいかんので、気をつけよう😓

 

 

 

この間、情報の選択というブログを書いたけど、最近は日経アプリだけでなくNHKのニュースアプリも見ていて、そしたらテレビに出演していた女性がネットで誹謗中傷され自ら命を絶ったというニュースを知ったんだけど、とても可愛らしい女の子だったから、とても心が痛かった😢

 

 

ただ結果だけを見ると、彼女は被害者で、書き込みをして追い詰めた人達が加害者なのだろうけど、でもどちらも感覚が麻痺して病んでいるわけだから、みんながこの社会の被害者のようにも感じる。

それに、心のケアがまず必要なのは、そのような書き込みをしている人達かもしれないし。

 


でも恋愛ってすごくパーソナルなものなのに、恋愛のリアリティ番組というのがあって、そういうものを求めて消費すること自体も何だか怖いなあ、と個人的に思ってしまうけど😓

 

 


世間では、「常識と非常識」というアタマで作った観念で、全部良いか悪いかにして判断して、何も知らないのに平気で人を批判したり責めてしまう傾向があるけど、最近はそれが過敏になり過ぎてる感じがする😥

 

 

誰でも失敗や間違いはするはずなのに、ちょっと間違えただけでボロカスに叩かれて、しかもそれが一瞬で世界に発信されてしまうというとんでもなく恐ろしい世界に突入しているから、絶対失敗出来へんやん、みたいな😭

 


でも立場なんて、たまたま今自分がこの立場なだけであって、いつひっくり返るかもわからないし、本当に傷つくのは、傷つけられた人よりも実は傷つけた人の方なのだし🩸🗡

 

 

 

今回の事件が気になったのは、全て自分を映す鏡だったからなのだろうな。

 

 

自分を責めて追い詰めて亡くなった女性も、

女性に罵詈雑言を浴びせた人達も、

そういうテレビやネット社会の中で生きてそれを消費している世間も、

可哀想だけど自分とは関係ない、と眺めている人達も、

 

 

みんな私と関係ないわけがなくて、むしろ全て自分の投影であり、私自身でもあるのだ😥

 

 

 

 

全ては、無明から始まっている。

でも自分が無明にある限り、自分が無明であることにも気づくことが出来ない。

 

 

 

表面に映る世界の中だけに囚われて生きることなく、深く観ることをしっかり実践して、智慧を養っていきたいな、と今回改めて思った🙏

 

 

 

 

 

スマホのスタンドを買ってみたけど、ブログ書く時も首が楽でいい感じだ✨

 

 

でも老眼がだいぶ進んでるから、距離感が微妙に難しいねんけど😭

 

 

 

 

 

 

 

 

これからの世界

今月、外出は駅周辺に何度か用事に行っただけで、ここ1週間は全く外出していない🏡

 


緊急事態宣言が早く解除されたけど、自分の奥底から「お願いだから、今月は自分に集中させてくれ‼」と悲痛な叫び声が何度も聞こえてたので、スタジオや仕事もそろそろ始めることも出来たのだけど、今月末まで休むことは決めていたし、予定を入れることは控えた😌

 

 

満月の前は作務に没頭していたけど、今週は新月に向かっていく影響か、数日間は坐禅に没頭してた🌝🌚


今日は新月で、これから少しずつ動きを入れていこうかとは思うけど、スタジオは来月から再開するけれど外の仕事を今後どうするかは、まだ思案中だ😓

というのも、今はまだ様子を見ないと今後状況がどう変わっていくかもわからないし😥

 

 

 

でも今回のコロナで世の中が激変したけど、これも起こるべくして起こってるというか、走り過ぎてみんなおかしくなってたから、強制的に停止させられたことは良かったように思う✋

 


というのも、世間的・表面的には自由でも、個人とその心は自由ではなかったから、今回世間的・表面的に縛られることで、逆に個人や内面が自由になり、解放されていく気がしてる👼



私の周りでも、忙し過ぎる日々を送っていて、こっちが見ていて心配になる人も多かったし、実際今回のコロナの影響で、自殺する人はだいぶ減ったみたいだし🩸

 

 

とりあえず私みたいに、人混みや大人数で集まるのが苦手で、付き合いが悪く、旅行やレジャーにも全く興味のない人間にとっては、これから何だかとっても生きやすくなる予感😚🌹✨

つーか、オンライン飲み会とかする意味が全くわからへんねんけど🍻😓

 


それに、これまでは仕事で休憩の時にカフェに入っても、みんな気が狂ってるのかと思うくらい周りがうるさ過ぎてホントにウンザリしてたから、これからは周りの人との距離が空くことも大歓迎だ✨☕

 

 


うちのスタジオも、とりあえずアシュタンガのクラスを定員4名にしてやる予定だけど、スタジオを立ち上げて更に女性専用にしてからは4人以上来たことないし、それに私のスキルでは、それ以上来られても見れないから丁度良いかな、と😅

 

大勢の人を集客していた所はこれから大変だろうけど、きっとこれからは大きな箱は必要無くなってくるだろうから、私みたいに一人一人丁寧にやっていきたい人間にとっては、やりやすい時代になっていきそうだ🤗

 


ホントは外の仕事も近場を希望してるんだけど、時給が安いと食べていけないし、車も無い&乗れないから難しいなあ😢

 


車といえばこの間、「自動運転」のネット記事を見て思わず食いついてしまったけど、早く自動運転の世界が実現してくれないかしらねえ🚗笑(←だいぶ運転するのが嫌みたいだな、私は😅)

 

 

 

今月に入ってから毎日お風呂に垂らしてる、ミスティックブレンドオイルのカムトゥミー😃

 


これまでこのオイルの香りを欲することはなかったんだけど、ここ最近は逆にこれじゃないとダメ、みたいな💦

 

 

このオイルは基本、異性を引き寄せるエネルギーのあるものなんだけど、家に独りでこもって坐禅して、ニコニコしながらお経唱えてる40代バツイチ女子にそんなご縁があるはずもなく、それに何となく私的には、もっと大きな枠でのCome To Me のような気がしてる👼

 

 

 

世界は急激に変化しているけど、beingの中にdoingがあるのだから、マインドフルに毎日を過ごしてbeingの質を高めて、本当に必要なdoingに繋げていきたいな🌱