伝えたいこと

昨年の11月からまたブログを再開したけど、以前やってたアメブロとジュゲムのブログの時は、人にもシェアしたい思いもあったけど、基本は自分の為に書いていた。

 

でも去年の春から全く書けなくなってしまったんだけど、それは自分の為にブログを書く必要性が無くなったから。

ブログはやはり内側というよりも、外に向けて発信していくものなのだ。

 

 

そしたら水星逆行のタイミングでまた始めることになったのだけど、それは、Sattvaに来てくれてる人達に向けて、情報のシェアの為に書きたいと思ったからだ。

 

読む人によっては私が自分の為に書いてるように思えるかもしれないけど、もう私は自分に向けて書く必要はないので、あくまで今は、誰かの為に書いている。

 

 

でももうFacebookもやってないし、うちのコミュニティの人達も読んでくれてる人もいれば読まない人もいるから、今書いてるブログはほんの数人にしか届いてないこともわかってる。

 

 

それに私は、自己アピールするのも嫌いだし、自分に興味を持ってもらいたいとも全く思わないんだけど、私は「自分が経験したことを人にシェアをしていく」いう責務を何故か感じていて、そしてその為には言葉が必要だと感じているし、自分にはその力があるということも確信している。

 

 

まあ、これまで自分の為にやっていたものが誰かのためにやる、と切り替わったこと自体が私にとっての大きな変化であり、自分だけの世界から出て他者と繋がっていこう、という思いの表れでもある。



でも、思いを人に伝える、人に届ける、というのは本当に難しくて、以前のブログでも、自分が伝えたかったことと全く逆の部分がクローズアップして捉えられることも多かったし、受け取る人はそれぞれ全く違うから、自分の思いが真っ直ぐに伝わるということは、ほぼ無いのかもしれない。

 

 

でも私には、伝わる伝わらないに関わらず、自分という人間を通して、自らの経験や、自分が心から大事にしたいと思うことを、伝えていく使命がある。

 

 

石井ゆかりさんの2020年の牡羊座の空模様に、「あなたには、語るべきことが山ほどあるはずです。」と書かれていたんだけど、そのメッセージを受け取って涙が込み上げてくる私は、おそらく自分の中にそういうエネルギーが沢山詰まっているのだろう。

 

 

私は取り繕うことが出来ない質だし、自分の中から湧き出てくる言葉でしか表現出来ないからこんな感じの文章になってしまうけど、こうして書いて伝えることは、アシュタンガのクラスや外のお仕事と同じく、他者と繋がるための自分の鍛錬でもある。

 

 

思いを語ること、自らを語ること。

 

結果なんてあるようで無いのだから、自分の中から湧き出る言葉を大切にして、発していこう。