私は私を生きている

「なぜ私は私なのだろう」

 

 

と考えるようになってから、自分の存在というのがあまりに謎であり、正直なところさっぱり訳がわからない💦

 

なぜか私は私であり、なぜか視点はここにしか無く、他人の顔は見えるのに、自分の顔は鏡に写さないと見えないし、他人の痛みは感じることが出来なくて、自分の感じる感覚は自分にしかわからない😱🩸

 

 

私は、「私が生きている以外の世界」を体験出来なくて、というか体験のしようがなく、他人の体験談を聞いてもそれは自分の想像でしかないし、世界のどこか遠くへ行ったところで、実は自分の目の前の景色が変わるだけなのだ😳🌍

 

 

 

お釈迦様が「天上天下唯我独尊」と仰られたのはこのことなのかなあと思うのだけれど、私は、私を生きることしか出来ないし、勿論自分から逃げることも出来ない。

 

いつか死ぬことだけは確実に分かってるけど、それがいつなのかもわからないし、今ここを生きるということがなぜか与えられていて、自分の意思とは関係なしに、自分の体は生き生きと活動している。

 

 

どうしても「宇宙や世界の中のちっぽけな私」だと捉えがちだけど、本当のところは、「自分の見えてる世界は1つであり、その自分自身が世界である」という、とてつもないこの不思議😱

 

 

やっぱりさっぱりわからないし、「なんでやねん」と失笑しながら途方に暮れる毎日やけど、そんなことを考えてる時が一番ホッとするのは、そっちがホントやから、なのかなあ😌

 

 


 

今日、櫛谷宗則禅師が説かれた「いのちの坐禅」に出会い拝読したのだけれど、これさえ解ってれば大丈夫じゃないかな、と思えるくらいに大事なことが書かれてるので、シェアさせて頂きます✨

 

 

坐禅はもちろん、人生とは、生きるとは、ということを考える上において、とても参考になると思います☺

http://www.nava21.ne.jp/~oosawa/inotiz.html 

 

 

 

 

 

「何のために生きるのか」ーーー 私は私を生きるため、いまここ私を全うするために刻々生み出し、生まれているでしょう。

私の心臓も呼吸も、私の山も河も大地も、萌えあがり、光を放ち、生きよう生きようとしています。

 

それが答えではないでしょうか。

自分の外側に目的があって、そのために生きるのではありません。

生きるの真実は、事実いきいきよく生きることです。

 

 

ーーー すでにどこもかしこも私の生です。

それは不思議としかいいようがありませんが、それを大切にして生きる一つ一つに真実が宿るでしょう。