玉ねぎの皮

自粛期間中に「吉野に帰りたい」という自分の思いに気づいてからしばらく後、私が私とお話しをしていた時のこと🏡

 

 

 

「吉野町のこばしに焼き餅を買いに行きたいねんけど、電車とバスで行ったら片道2時間半かかるから、車で行こうと思うねん。」

 

 

「そうなんや。誰かに乗せてもらうん?」

 

 

「ううん、自分で車で行きたいねん」

 

 

「じゃあ免許取って車買うたらええやん」

 

 

「それは嫌や」

 

 

「(笑)それは嫌なんや😅💦」

 

 


 

このやり取り、自分でもめちゃ面白かったんやけど🤣笑

 

 


晴美さんは「私は車の運転は出来ないししたくない」というブロックがあって、でもそのしがみつきを無理にどうにかさせない方がいいから、その後も様子をただ観察してたんだけど、そしたら近所で車庫入れしてる車をガン見してたり、教習所の車や初心者マーク付けた車を見かけると「あれは私の仲間だ❗」と反応したりしてたので、決心するのも時間の問題かなあと思ってた😚

 

 

 

いつも言ってることだけど、ヨガの練習は玉ねぎの皮をむいていくようなものであり、それは自分を変えるというよりも、自分の表層にこびりついている概念やブロックを一つずつ解放していく作業なのだと思う。

 

 

勿論、長い時間をかけて重ねてきてるから、その分時間はかかるだろうけど、一つ一つむけていけば、いずれは本当の自分に出会うことが出来るのだろう。

 

 

 

自分が何をどのくらい被ってるのかわかんないけど、1枚1枚剥けていく過程を楽しんでいこう🧅

 

 

 

 

 

ここ最近はインスタばっかりでブログが書けてないなあ😭

 

 

私は不器用だから使い分けるのが苦手なんやけど、とりあえずはインスタはカジュアルに使って、インスタで書けないことをブログで書いていこうかな😅✏